デザイン性と機能性を兼備したウェットティッシュが気になる。

仮にファッションで例えるとしたら「靴下」といったところでしょうか。

ジャケットやパンツ、シューズなどメインとなるアイテムにこだわるのは当たり前。だからこそ、見えるか見えないか、相手が気にするかしないかの絶妙なポイントをケアできると、「上級者」なんて言われるわけです。

同様にインテリアで考えてみましょう。テーブルやイス、ソファには、もちろんお気に入りのモノを選びますね。でも、家にあるとなにかと役立つ「ウェットティッシュ」のチョイスにまで気を使える人はほとんどいないはず。

そこで、まずはこんな商品の存在を知ることから始めてもらいたいのです。

部屋にあるとアクセントになる
パッケージデザイン

C305b032dff187f6cf61c768578a2391f490442b

その名は「THE WET TOWEL」。ケースに英語をひたすら印刷したクールなパッケージデザインが海外からの輸入品を連想させるものの、実はMade in Japan。土佐和紙の伝統の技を不織布に取り入れた高品質な商品を手がける老舗、三昭紙業株式会社による製造なんです。個人的にはまず、こうした組み合わせにグッときます。

最大の特徴は
「消毒」できること

E06c27c7791f416a865b261500f154387c35f94d

と言われたところでピンとこないかもしれません。ウェットティッシュなんだから当然だろうと。

でも、一般的な商品に多いのは、あくまでも「除菌」なんです。つまり、拭った部分の菌をある程度取り除くだけ。一方「消毒」とは、それに加えて有害な細菌の毒性を無力化させることを意味しています。

シートに染み込ませているのは、食中毒の原因となる黄色ブドウ球菌やサルモネラ菌、大腸菌など様々な菌に対して消毒効果を発揮する水溶液。これは、病院で医療器具を洗浄するときに使う消毒液と同じものなんだとか。 

破れにくく、高い保湿性を実現

E267fe699163d60fc5d4a3b5a9cf40f08f0e1426

こだわりの厚手シートは、100%植物由来の不織布。吸水性に長けたパルプを、繊維が長いレーヨンで挟み込んだ三層構造をしています。この構造により、「THE WET TOWEL」という名前の通り、破れにくく高い保液性を誇っているそう。

価格は14枚入り×3個のポケットタイプが800円、75枚入りのボトルタイプが900円、75枚入りの詰め替え用が750円(すべて税別)。購入はこちらからどうぞ。

ちなみにこのアイテムは、「くまモン」生みの親であり、商品企画からロゴ・パッケージ・空間デザインまでトータルにディレクションを行うクリエイティブディレクター水野学氏が率いるブランド「THE」の新商品なんですよ。

Licensed material used with permission by THE Co. Ltd.
〈THE WET TOWEL〉は、ティッシュじゃなくてタオル。それだけ厚みがあります。三層構造でやぶれにくい。一度使って、水洗いして絞ってもう1〜2回布巾...
ティッシュケースはいろいろと発売されていますが、ウェットティッシュ用となると選択肢はほとんどありません。〈ideaco(イデアコ)〉の「Mochi Bin...
カバンの中でくしゃっとなりがちのティッシュは〈comma〉の本皮ティッシュケースで。生活必需品をちょっぴりお洒落に持ち歩ける!
マスクを保管しておくためのケースです。なんてニッチな……と思うかもしれませんが、これは第二のティッシュケースになるかもしれませんよ。
「THE GLASS」は、まさに使いやすさを目的にデザインされたプロダクトです。一見何の変哲もないグラスですが、素材は厚みのある耐熱ガラス。割れにくく、電...
座る時はもちろんのこと、ソファやベッドの横にレイアウトしても収まりがいいし、観葉植物もレイアウトしやすいし、踏み台として上に乗るにも楽ちん。さまざまなシー...
とてもミニマルなデザインのショーツで、トラベル用として展開されている〈THE NORTH FACE〉の「TECH LOUNGE SHORT」。ニオイを軽減...
計200万本売れている大ヒット商品「MISOKA」と〈THE〉がコラボレーションして生まれたのが、「THE TOOTHBRUSH by MISOKA」。持...
一度起きたら、寝かしつけるのが大変…。赤ちゃんが眠りにつかず、苦戦している人も多いのでは?そんな悩めるママパパに必見の動画がコレ。グズって眠らない赤ちゃん...
なんといってもこの「THE 醤油差し」を語る上で欠かせないのが、“液垂れがしない”ということ。高い技術力で蓋の部分にくぼみを作り、醤油がスゥッと戻っていきます。
一見なんの変哲もないコロコロですが、その実かなり進化している「THE COLOCOLO BY NITOMS」。収納時、ケースにテープがくっつきません。
「The Magic Water」は、特殊な技術で抽出したアルカリ性の水のクリーナーです。つまり、原料は水オンリー。界面活性剤どころか、水以外は一切使って...
今回は、「THE NEW YORKER」に敬意を示し、東京バージョン「THE TOKYOITER」という架空の雑誌の表紙を紹介しましょう。
タックインして、アイロンをかけてもカッコイイですが、ざっくり着て様になる「THE SHIRTS」。素材の良さ、着丈がちょっと短いところなど、計算され尽くし...
日本人女性2人が手がけるアンダーウェアブランド「Pasquet(パケ)」。ランジェリーデザインを学んだ彼女たちは、現在フランスを拠点に活動しています。ミニ...
インテリアショップにある傘立てって、いかにも“デザインしています”って感じのものが多いんですが、陶製でマリンテイストのボーダー柄。シンプルです。
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
金閣寺と五重塔をイメージしたテーブルウェアセット「古都うつわ」。これを紹介しようと思ったのは、決して見た目のインパクトだけで勝負しているわけではなく、実用...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
Samsung(サムスン)が「The Frame」という名の新しい薄型テレビを発表。その名の通り、まるで額縁の中に飾られているような、アーティスティックな...