どこに出しても恥ずかしくない「ウェットティッシュ専用のケース」。

ティッシュケースはいろいろと発売されていますが、ウェットティッシュ用となると選択肢はほとんどありません。

そもそも消費者の発想としても“ティッシュのパッケージをなんとかしたい”とは考えていても、ウェットティッシュはなんとなく諦めてることが多いかも。

僕も〈ideaco(イデアコ)〉の「Mochi Bin(モチ ビン)」を知ってはじめて、“これならテーブルの上や食器棚など、見えるところにウェットティッシュを置いておける”と思いました。

取り出し口がオリジナルのギザギザした形状(取り出しやすい!)になっていたり、上部がシリコン製で詰替がラクだったり、木蓋が乾燥を防いでくれたり。ただシンプルなボトルにしただけでなく、使いやすさまでデザインされています。

税込3,240円。

公式オンラインショップで購入可能です。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

マスクを保管しておくためのケースです。なんてニッチな……と思うかもしれませんが、これは第二のティッシュケースになるかもしれませんよ。
カバンの中でくしゃっとなりがちのティッシュは〈comma〉の本皮ティッシュケースで。生活必需品をちょっぴりお洒落に持ち歩ける!
仮にファッションで例えるとしたら「靴下」といったところでしょうか。ジャケットやパンツ、シューズなどメインとなるアイテムにこだわるのは当たり前。だからこそ、...
マスクの「一時置き場所どうする」問題を解決してくれるとっておきの「マスクケース」4選をご紹介します。
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
カリフォルニア発、独自の特許で、どこにでも貼り付くiPhoneケース「MagBak(マグバック)」がついに日本上陸。3月14日からMakuakeで限定先行...
〈moeco(モエコ)〉の「FLASH ICカードケース」。合計199もの本物の電子部品が使われていて、LEDが光るギミックも!
何がうれしいって、ケースが2つ付いているところだ。カセットテープのケースは不思議と1つだけじゃ物足りない。2つ以上あってはじめて格好がつく。重ねて置くとい...
「Vaev」という企業は、使用済みティッシュを販売しています。効果があるのかどうかは分かりません。オススメなんて絶対にしません。だけど、真面目にビジネスを...
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
〈ARTS&CRAFTS(アーツアンドクラフツ)〉のシューホーンです。本体は折りたたみ式になっていて、専用のケース付き。
〈無印良品〉の「パラグライダークロスたためるシューズケース」はセパレートタイプになっていて、小さいデイバックの中でも整理しやすいです。
〈THE WET TOWEL〉は、ティッシュじゃなくてタオル。それだけ厚みがあります。三層構造でやぶれにくい。一度使って、水洗いして絞ってもう1〜2回布巾...
〈LUSH(ラッシュ)〉の「シャンプーバー缶」。ピルケースとしても、絡まりがちなイヤホンのケースとしても使えます。
子どもの遠足用じゃないかと侮ってはいけない。強度のあるナイロン製で、専用ケースもちゃんと付属。73cm×78cmというサイズ感は、大人二人が腰掛ける必要最低限。
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
「米国国勢調査局」が先月発表したデータによると、米国の16歳未満の人口構成で、ヒスパニックや黒人、アジア系の人口が昨年初めて白人の人口を上回ったとことが明...
自分にとって“移動”というのはとても重要なことで、だからこそ、機動性のためにもできるだけモノを持ちたくない。仕事上、ノートPCとスマホは仕方ないとして、現...
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
〈BARNEYS NEW YORK(バーニーズ ニューヨーク)〉で限定販売中のミントタブレット。
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
当方中年の男性です。だから、少々のことでは“カワイイ”とか言わない。無邪気に使うには抵抗がある言葉です。
きっちりと作り込まれた革製品も好きだけど、ラフに素材を活かしたものも好きです。〈エンリーベグリン〉のペンケースは、断然後者。オミノ(※刺繍されたブランドロ...