逆転の発想。上下逆さまに開く傘「Suprella」が、ちょっと欲しくなるワケ。

これまで何年もの間、当たり前のように使い続けてきた「傘」。でも、この商品を見た後では、多くの欠点があったことに気づかされます。

いや、気づかされるというよりは、「気づいてはいたけれど、当たり前だと思って諦めていた」が適当かも。とにかく、多くの人が見過ごしていた問題に対して、ドイツから提示された解がコレ。

驚くほど濡れずに済む
ドイツ生まれのすごいヤツ

Ca084a4a275f9b13b4eb6af00883e6d83e2a96b9

この「Suprella」は、上下逆さまに開く仕組みになった傘。逆転の発想を生かし、従来は濡れてしまったような場面でも、しっかりと雨粒を防いでくれるのです。

その恩恵がよく伝わるのがこんなシーン。あるある〜。

D8da303711414758a2aa68f6d28323967995e2b5

これまで、クルマの乗り降りのタイミングには、濡れることを覚悟する“諦めの数秒”がありました。でも、この傘ならしっかりと座席に座り、ドアをギリギリまで閉めてから片付けられるというわけ。

さらに、雨で濡れた側(黒色部分)は、閉じると内側に。つまり、大切な服を濡らすこともないのです。

7b755ae595392371d2160905ffed906a5a296770

常に乾燥した側が外側に向くようになっているため、仮に満員電車に乗ったとしても他人に迷惑をかけることがなく、トラブルに巻き込まれなくて済みますね。

44144e06e27bd735af7b58c66fdb074c8fa7e60a

「濡れない」だけでなく「自立する」点も地味ながら高ポイントでしょう。

3f9aa29adc7d89800c7b9eed18d6f20f597f1517

定価は11,587円〜12,660円とやや高額ですが、1月30日(月)までは4,634円〜5,754円とお手頃プライスで手に入ります。全9種類で購入はコチラから。ちなみに、日傘としても使えるそうですよ。

Licensed material used with permission by Suprella
ここに紹介するのはイタリア製の折りたたみ傘「Kjaro」。濡れたまま傘をカバーに入れる、下のタンクをちょいとひねると傘についた「水」がシャッと出てくる。雨...
雨の中、折りたたみ傘を使って家に到着…したはいいものの、そこからってちょっと悩ましかったり。だって、そのまま丸めて袋にしまうにはビショビショすぎるし、かと...
傘をさすのが嫌いな人って、私だけじゃないと思う。使い終わったのを乾かすのが面倒だし、畳んだとき足元に雫が落ちるのもイヤ。でも、この傘立てはその雨粒を思いも...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
インテリアショップにある傘立てって、いかにも“デザインしています”って感じのものが多いんですが、陶製でマリンテイストのボーダー柄。シンプルです。
内側がカラフルなプリントの傘は、すでに身の回りにたくさん。見かけたところで、まったくと言っていいほど驚きはありません。だけど、ここで取り上げる「PANOR...
その名は「unnurella(アンヌレラ)」。シャレの効いたネーミングに、思わずニヤっとしてしまう。さて、タイトルを読んで、少し違和感を覚えたあなたは大正...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
7月29日(土)・30日(日)に倉敷市水島で行われる「第61回 水島港まつり」の一環として展示されている「MIZUSHIMA アンブレラスカイ」。この展示...
正直、まったく濡れないわけじゃないし、そもそもこれはちょっと恥ずかしい。そんなネガティブな要素しかないようにも思えるけれど、この新しいのか古いのかもわから...
「ご主人様。本日は雨の予定でございます。傘をお持ちください」家を出るとき、そんな風に言ってくれる執事がいたら、なんて嬉しいことでしょう。いちいち天気予報を...
気分が沈みがちな雨の日に、心だけでも“晴れ晴れ”とーー。コレは、そんな願いが込められた特別な傘「Colour Changing Umbrella」。一見す...
いかにも海外で好まれそうな日本のアイテムーーと思いきや。それだけではありません。「The BRELLI」は、地球とお肌に優しい、世界で唯一の傘なのだとか。...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
〈モンベル〉の「トラベルアンブレラ」はわずか86gという軽さ。さらに頑丈さを合わせ持っているところが、このブランドらしい。
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
喫煙者ではないので、一度も灰皿に興味を持ったことはないのですが、これは素直にカッコイイと思いました。耐熱ガラスとステンレスを組み合わせた「BP.」のASH...
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...