逆転の発想。上下逆さまに開く傘「Suprella」が、ちょっと欲しくなるワケ。

これまで何年もの間、当たり前のように使い続けてきた「傘」。でも、この商品を見た後では、多くの欠点があったことに気づかされます。

いや、気づかされるというよりは、「気づいてはいたけれど、当たり前だと思って諦めていた」が適当かも。とにかく、多くの人が見過ごしていた問題に対して、ドイツから提示された解がコレ。

驚くほど濡れずに済む
ドイツ生まれのすごいヤツ

この「Suprella」は、上下逆さまに開く仕組みになった傘。逆転の発想を生かし、従来は濡れてしまったような場面でも、しっかりと雨粒を防いでくれるのです。

その恩恵がよく伝わるのがこんなシーン。あるある〜。

これまで、クルマの乗り降りのタイミングには、濡れることを覚悟する“諦めの数秒”がありました。でも、この傘ならしっかりと座席に座り、ドアをギリギリまで閉めてから片付けられるというわけ。

さらに、雨で濡れた側(黒色部分)は、閉じると内側に。つまり、大切な服を濡らすこともないのです。

常に乾燥した側が外側に向くようになっているため、仮に満員電車に乗ったとしても他人に迷惑をかけることがなく、トラブルに巻き込まれなくて済みますね。

「濡れない」だけでなく「自立する」点も地味ながら高ポイントでしょう。

定価は11,587円〜12,660円とやや高額ですが、1月30日(月)までは4,634円〜5,754円とお手頃プライスで手に入ります。全9種類で購入はコチラから。ちなみに、日傘としても使えるそうですよ。

Licensed material used with permission by Suprella

関連する記事

なんとなく気分が落ち込んだり、体調を崩したりする人も多いこの梅雨の時期を、少しでも前向きな気持ちで過ごせるような「傘」を紹介。エビフライみたいなかわいい傘...
ドイツの老舗傘メーカーが手掛けるブランド「Euro SCHIRM(ユーロシルム)」から、背中・バックパックを濡らさないための傘「スウィングバックパック」が発売。
「KEYUCA」の折畳傘シリーズに、新たなラインナップが追加。”開く時”も”閉じる”時も自動の「自動開閉式」でありながら、通常の折畳傘と変わらないほど軽量...
ここに紹介するのはイタリア製の折りたたみ傘「Kjaro」。濡れたまま傘をカバーに入れる、下のタンクをちょいとひねると傘についた「水」がシャッと出てくる。雨...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
傘のシェアリングサービス「アイカサ」より、「ジップロック」をイメージしたかわいい傘がレンタル可能に。 「BEAMS COUTURE」が手がけたデザインは、...
衣のサクサク感を表現したもこもこ素材の収納ケースに、ピンクと白のグラーデーションが施された傘本体、どっからどう見ても「エビフライ」な、ゆるかわいい折り畳み...
世界的な人気を誇るキース・ヘリングと「セブン-イレブン」がコラボしたキュートなビニール傘が登場。
取っ手部分にスマホがカチッとくっつく「スマホ傘」。傘を使いながらスマホが操作できるほか、傘部分をバッグにしまえばハンズフリーのスマホスタンド、逆さに持てば...
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
「ギャレリアインターナショナル」から、超小型&軽量の折り畳み傘「ハイブリッドコンパクト傘」が発売された。
「RainStory」は、超耐風&超撥水の折りたたみ傘。
ヨーロピアンテイストを極めたデザイン性と軽量・コンパクトという利便性を持ちながら、風速100km/hにも耐えるタフさを併せ持つ傘「Senz゜」。空気力学に...
雨の中、折りたたみ傘を使って家に到着…したはいいものの、そこからってちょっと悩ましかったり。だって、そのまま丸めて袋にしまうにはビショビショすぎるし、かと...
「THE CONVENI」の傘です。色で遊べ!#7
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
インテリアショップにある傘立てって、いかにも“デザインしています”って感じのものが多いんですが、陶製でマリンテイストのボーダー柄。シンプルです。
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
傘をさすのが嫌いな人って、私だけじゃないと思う。使い終わったのを乾かすのが面倒だし、畳んだとき足元に雫が落ちるのもイヤ。でも、この傘立てはその雨粒を思いも...
日本国内で捨てられたビニール傘をそのままの状態で再利用する新ブランド「PLASTICITY(プラスティシティ)」。4/14よりオンライン限定で第1弾となる...
廃棄カラー傘を使い、国内の職人の手により作られたサコッシュバッグが6月9日(火)より販売を開始。ビニール傘を粉砕などはせずに再利用することにより、汚れても...
光の量や角度、反射で色が変化し、まるでオーロラのようにキラキラ表情が変わる「Wpc.」の「オーロラビニール傘」。今年6月に販売開始するやSNSで話題になり...
内側がカラフルなプリントの傘は、すでに身の回りにたくさん。見かけたところで、まったくと言っていいほど驚きはありません。だけど、ここで取り上げる「PANOR...
日本の駅や商業施設などで捨てられたビニール傘をそのままの状態で再利用するサステナブルブランド「PLASTICIT((プラスティシティ)」より、防水性に優れ...
その名は「unnurella(アンヌレラ)」。シャレの効いたネーミングに、思わずニヤっとしてしまう。さて、タイトルを読んで、少し違和感を覚えたあなたは大正...
7月29日(土)・30日(日)に倉敷市水島で行われる「第61回 水島港まつり」の一環として展示されている「MIZUSHIMA アンブレラスカイ」。この展示...
北部ポモージェ県にある「逆さまハウス」。見るからに上下逆さまになっているその外観はインパクト大。中に設置されている家具は、共産主義時代のもので揃えられてい...