国内No.1傘メーカーが「安価な折りたたみ傘」を発売。その理由とは?

日本人は「を長く大切に使う」という意識がとりわけ低い。

国内で年間1.3億本の傘が消費されているが、8000万本、つまり半数以上をビニール傘が占めており、その量は世界一

また、国内の遺失物31%が傘で、拾得数に対する遺失物届数の割合は、財布が107.4%、携帯電話が165.1%に対し、傘はわずか1.8%。気軽に買えて便利な一方で、使い捨ての習慣が強く根付いている。

この風潮を変えるべく、自由が丘に店舗をもつ国内シェアNo.1傘メーカー「Waterfront(ウォーターフロント)」「たたむ、をひろげるプロジェクト」をスタート。

その一環として、先月24日、日本古来の「たたむ」文化に着想を得て従来品よりも軽量・小型、それでいて“ビニール傘並みの値段”折りたたみ傘「GO!GO!UMBRELLA」を発売した。

ブランドロゴ刺繍を排除し、ストラップは付けず、カラーはネイビーのみ。本体のデザインを極限までシンプルにすることで安価を実現。一方、カバーはブランドのコーポレートカラーに即した9色を展開。持ち運ぶのがワクワクするようなパッケージに仕上がっている。

旗艦店「Waterfront JIYUGAOKA/TOKYO」「Waterfront SHINSAIBASHI/OSAKA」などで購入可能。

「コンビニや駅の売店でビニール傘を買ってしまいがち」という人は、そのお金で「GO!GO!UMBRELLA」を買い、悪天候に備えてとりあえず毎日持ち歩いてみては?

ほんの小さな変化。されど変化。こういう行動の積み重ねが環境保護に繋がっていく。

©シューズセレクション
©シューズセレクション

『GO!GO!UMBRELLA』
【価格】550円(税抜)
【重量】約140g
【サイズ】全長 : 約53cm/収納時 : 約23cm×5cm(直径)直径 : 約86.5cm/親骨 : 50cm

Licensed material used with permission by シューズセレクション
Top image: © シューズセレクション
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ここに紹介するのはイタリア製の折りたたみ傘「Kjaro」。濡れたまま傘をカバーに入れる、下のタンクをちょいとひねると傘についた「水」がシャッと出てくる。雨...
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
雨の中、折りたたみ傘を使って家に到着…したはいいものの、そこからってちょっと悩ましかったり。だって、そのまま丸めて袋にしまうにはビショビショすぎるし、かと...
ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...