国内No.1傘メーカーが「安価な折りたたみ傘」を発売。その理由とは?

日本人は「を長く大切に使う」という意識がとりわけ低い。

国内で年間1.3億本の傘が消費されているが、8000万本、つまり半数以上をビニール傘が占めており、その量は世界一

また、国内の遺失物31%が傘で、拾得数に対する遺失物届数の割合は、財布が107.4%、携帯電話が165.1%に対し、傘はわずか1.8%。気軽に買えて便利な一方で、使い捨ての習慣が強く根付いている。

この風潮を変えるべく、自由が丘に店舗をもつ国内シェアNo.1傘メーカー「Waterfront(ウォーターフロント)」「たたむ、をひろげるプロジェクト」をスタート。

その一環として、先月24日、日本古来の「たたむ」文化に着想を得て従来品よりも軽量・小型、それでいて“ビニール傘並みの値段”折りたたみ傘「GO!GO!UMBRELLA」を発売した。

ブランドロゴ刺繍を排除し、ストラップは付けず、カラーはネイビーのみ。本体のデザインを極限までシンプルにすることで安価を実現。一方、カバーはブランドのコーポレートカラーに即した9色を展開。持ち運ぶのがワクワクするようなパッケージに仕上がっている。

旗艦店「Waterfront JIYUGAOKA/TOKYO」「Waterfront SHINSAIBASHI/OSAKA」などで購入可能。

「コンビニや駅の売店でビニール傘を買ってしまいがち」という人は、そのお金で「GO!GO!UMBRELLA」を買い、悪天候に備えてとりあえず毎日持ち歩いてみては?

ほんの小さな変化。されど変化。こういう行動の積み重ねが環境保護に繋がっていく。

©シューズセレクション
©シューズセレクション

『GO!GO!UMBRELLA』
【価格】550円(税抜)
【重量】約140g
【サイズ】全長 : 約53cm/収納時 : 約23cm×5cm(直径)直径 : 約86.5cm/親骨 : 50cm

Licensed material used with permission by シューズセレクション
Top image: © シューズセレクション
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ここに紹介するのはイタリア製の折りたたみ傘「Kjaro」。濡れたまま傘をカバーに入れる、下のタンクをちょいとひねると傘についた「水」がシャッと出てくる。雨...
ドイツの老舗傘メーカーが手掛けるブランド「Euro SCHIRM(ユーロシルム)」から、背中・バックパックを濡らさないための傘「スウィングバックパック」が発売。
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
雨の中、折りたたみ傘を使って家に到着…したはいいものの、そこからってちょっと悩ましかったり。だって、そのまま丸めて袋にしまうにはビショビショすぎるし、かと...
自宅で1日3分で出来る「太もも痩せトレーニング」をご紹介!先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなどで紹介し、人気を集める...
ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
「THE CONVENI」の傘です。色で遊べ!#7
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
インテリアショップにある傘立てって、いかにも“デザインしています”って感じのものが多いんですが、陶製でマリンテイストのボーダー柄。シンプルです。
「オーマイグラス」は、プロのスタイリストが250種類のメガネを持って利用者の自宅へ出張する「移動式プライベートメガネサロン」を実施。もちろん、検眼機や度数...
その名は「unnurella(アンヌレラ)」。シャレの効いたネーミングに、思わずニヤっとしてしまう。さて、タイトルを読んで、少し違和感を覚えたあなたは大正...
7月29日(土)・30日(日)に倉敷市水島で行われる「第61回 水島港まつり」の一環として展示されている「MIZUSHIMA アンブレラスカイ」。この展示...
傘をさすのが嫌いな人って、私だけじゃないと思う。使い終わったのを乾かすのが面倒だし、畳んだとき足元に雫が落ちるのもイヤ。でも、この傘立てはその雨粒を思いも...
〈モンベル〉の「トラベルアンブレラ」はわずか86gという軽さ。さらに頑丈さを合わせ持っているところが、このブランドらしい。
ヨーロピアンテイストを極めたデザイン性と軽量・コンパクトという利便性を持ちながら、風速100km/hにも耐えるタフさを併せ持つ傘「Senz゜」。空気力学に...
「タクシーの相乗り」について国土交通省が3/31に制度の概要を発表。早ければ2020年の夏にも解禁される考えだという。
バニラのフレーバー付きだからニオイを全く気にしなくていい!ヴァギナのかたちとアンダーヘアについてもまた然り。生理中にしたくなってもOKです。
「ご主人様。本日は雨の予定でございます。傘をお持ちください」家を出るとき、そんな風に言ってくれる執事がいたら、なんて嬉しいことでしょう。いちいち天気予報を...
これまで何年もの間、当たり前のように使い続けてきた「傘」。でも、この商品を見た後では、多くの欠点があったことに気づかされます。いや、気づかされるというより...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
正直、まったく濡れないわけじゃないし、そもそもこれはちょっと恥ずかしい。そんなネガティブな要素しかないようにも思えるけれど、この新しいのか古いのかもわから...
いかにも海外で好まれそうな日本のアイテムーーと思いきや。それだけではありません。「The BRELLI」は、地球とお肌に優しい、世界で唯一の傘なのだとか。...
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。