ゆるかわいい「エビフライの折りたたみ傘」で梅雨の気分転換を

思わず笑えるユニークな商品を展開する雑貨ブランド「YOU+MORE!(ユーモア)」より、梅雨の気分転換に最適なオシャレかわいい折り畳み傘が登場。

どんな折り畳み傘かというと、オレンジのもこもこした傘袋に、独特なカタチをした持ち手部分……ってこれエビフライやないか!(名古屋弁でいうところの「えびふりゃ〜だがや!」)

この折り畳み傘の最大の特徴は、磨き抜かれたリアリティ。白とピンクのグラデーションが施されたかわいらしいエビカラーの本体と、衣っぽさを演出したもこもこ素材の収納ケース。主張しすぎず奥ゆかしさ満載のこのデザインなら、街で差しても意外と馴染みそう。

また、雨に弱そうなエビフライでも心配無用。雨に濡れたときのための傘袋も付属しており、収納ケースの衣っぽさはいつまでも保つことができる。

なんとなくネガティブな気持ちになりがちな雨の日でも、ユーモア溢れる「エビフライ折りたたみ傘」なら思わずハッピー!......だよね?

折り畳み傘 エビフライ
©YOU+MORE!
折りたたみ傘 エビフライ
©YOU+MORE!

『意外とおしゃれなエビフライ折りたたみ傘』
【価格】6380円(税込み)
【セット内容】折りたたみ傘1本、傘袋1枚、衣収納ケース1枚
【購入ページ】https://www.felissimo.co.jp/youmore/wk62005/gcd799677/

Top image: © YOU+MORE!
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
なんとなく気分が落ち込んだり、体調を崩したりする人も多いこの梅雨の時期を、少しでも前向きな気持ちで過ごせるような「傘」を紹介。エビフライみたいなかわいい傘...
ここに紹介するのはイタリア製の折りたたみ傘「Kjaro」。濡れたまま傘をカバーに入れる、下のタンクをちょいとひねると傘についた「水」がシャッと出てくる。雨...
梅雨でも雨の日を楽しくするアイテムとして「天候で結晶が変わるオブジェ」「スニーカー用レインカバー」「オリジナルプリントの傘」などをご紹介。
傘のシェアリングサービス「アイカサ」より、「ジップロック」をイメージしたかわいい傘がレンタル可能に。 「BEAMS COUTURE」が手がけたデザインは、...
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
雨の中、折りたたみ傘を使って家に到着…したはいいものの、そこからってちょっと悩ましかったり。だって、そのまま丸めて袋にしまうにはビショビショすぎるし、かと...
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
国内No.1傘メーカー「Waterfront(ウォーターフロント)」が、日本古来の「たたむ」文化に着目した新商品「GO!GO!UMBRELLA」を発売。
ドイツの老舗傘メーカーが手掛けるブランド「Euro SCHIRM(ユーロシルム)」から、背中・バックパックを濡らさないための傘「スウィングバックパック」が発売。
外食が途絶え、およそ80,000杯分(約2万L)のビールが消費されずに余剰となった今春。これを廃棄するのではなく、新たにクラフトジンとして蘇らせるプロジェ...
ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
「KEYUCA」の折畳傘シリーズに、新たなラインナップが追加。”開く時”も”閉じる”時も自動の「自動開閉式」でありながら、通常の折畳傘と変わらないほど軽量...
「THE CONVENI」の傘です。色で遊べ!#7
廃棄カラー傘を使い、国内の職人の手により作られたサコッシュバッグが6月9日(火)より販売を開始。ビニール傘を粉砕などはせずに再利用することにより、汚れても...
「アメリケーヌ・ソース」とは、フレンチで使われる魚介の風味たっぷりのソースのこと。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
カオナシが持っているお皿にコインを載せると、コインを食べて貯金してくれる「千と千尋の神隠し カオナシむしゃむしゃ貯金箱」。だけど、このなんともいえないシュ...
仕事が忙しいとき。人間関係などで嫌なことがあったとき。ああ、気分転換したいなぁと思うことってありますよね。そんなときに使える、おすすめの気分転換の方法をご...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
〈モンベル〉の「トラベルアンブレラ」はわずか86gという軽さ。さらに頑丈さを合わせ持っているところが、このブランドらしい。
日本国内で捨てられたビニール傘をそのままの状態で再利用する新ブランド「PLASTICITY(プラスティシティ)」。4/14よりオンライン限定で第1弾となる...
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
クラゲの展示種類が世界一として有名な山形県「加茂水族館」とコラボした幻想的で美しいクラゲの傘がWEB予約販売をスタート。