ミラノの寿司職人が閉店後にクリエイトする「スニーカー」

イタリア生まれの中国人シェフYujia Hu。彼の名前を覚えておいて損はない。もしかして、もしかすると、来年あたりTIME誌の選ぶ「最も影響力のある100人」に名を連ねるかもしれない、……くらいのインパクトだけはある。

若手スシシェフが手がける
“ニッチ”すぎる創作寿司

カリフォルニアロールやドラゴンロール、SUSHIバーガー、SUSHIブリトー、海外から届く“変わり種寿司(と呼んでいいものか…)”の衝撃的なビジュアルには、もう慣れっこになっていたはず。

ところが、だ。

ミラノのスシシェフYujia Huの感性は、完全にこちらの想像のはるか上を行っている。先にことわっておくと、彼はれっきとしたスシ職人だ。これらのクリエイションもすべて営業時間外に、趣味と研究(?)のために、制作しているという。

何というかもう、手さばきよりもそのアイデアに脱帽させられる。

まな板の横にスマホを置いて、シャリに海苔をはる。

細くカットした海苔を竹串でセット。

ネタは必要な部分だけ。もはや…握りではない。

魚の身の色も重要な要素。こうしてできるのが…、

ヘイ、おまち。“Shoe-shi”にござい!

NIKE “Original Sushi Sneaker” Air Jordan

VANS “Neta” Old School

ADIDAS “Nori” NMD

ADIDAS “Hu-giri”

Classic “Tuna” CONVERSE All Star

ADIDAS ORIGINAL “Simple Rice” Superstar

NIKE “Wasabi” Kyrie 2

YEEZY “Salmon” 350

彼のウワサを聞きつけ、イタリア代表のバスケット選手やプロのダンカー(エキシビジョンなどでダンクを披露する)次々と来店。Shoe-shiは、ファッションの都が認めるアイコンになりつつあるようだ。

あまりの人気ぶりに、こんなリミテッド・エディションまで登場。ポスターのほか、PC、スマホ用壁紙がオンラインで買えるらしいが…。

ここで味わいをどうこう言ったって仕方なし。まあ引いた目で見て、Shoe-shiも創作といえば創作だったとしても、やっぱり日本人として、最後にこれだけは言っておかないと。 

Yujia、何してんねん(笑)!

Licensed material used with permission by Yujia Hu, (HP)
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
15,000を超えるRTを集めた「簡単寿司」の作り方がまさに目からウロコ!使うのは100円均一で購入できる製氷トレーです。確かにこれなら手がベトベトにもな...
20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライ...
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
彩り豊かな寿司ロールが逆上陸 銀座で創作和食を楽しめるスシバーSHARI THE TOKYO SUSHI BAR〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目...
いまや髭は、髪型と同様に立派な個性の表現方法として認知されています。とはいえ、顔立ちの問題もあってか、“モフモフのあご髭”に挑戦する日本人は少ないですよね...
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
日本人が愛してやまないソウルフード、お寿司。いまでは国境を越えて多くの人に愛されているけれど、ふと、理由が気になってしまったんです。アメリカの女性ライター...
空港で注目を集めること間違いなしの「スーツケースカバー」が話題になっています。ビジュアルは、どこからどう見ても“握り寿司”そのもの。きっと、国内はもちろん...
コンビニやスーパーに並ぶ食品なら、おおよその原料と添加物がわかりますが、居酒屋やファミリーレストランなどの外食の場合、原材料は何も表示されていません。消費...
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
「SPALWART」「NOVESTA」「ZDA」あまり馴染みのない固有名詞かもしれませんが、これらはすべてスニーカーブランド。加えて、ある共通項が。いずれ...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。