「アメリカのくら寿司」ローカルメニューBEST3

私は現在、アメリカのテキサス州で暮らしています。

どんなにこちらでの生活に慣れてきても、ときどき無性に食べたくなるのがお寿司です。そんなときに駆け込むのが「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。

じつはここ、くら寿司のアメリカ展開店舗。同チェーンは、カリフォルニア州やテキサス州など日本の回転寿司店としては最大の17店舗を展開中。SUSHI人気の追い風を受け続々と新規出店し、攻勢をかけているのです。

「KURA REVOLVING SUSHI BAR」では、オーソドックスな寿司はもちろん、カリフォルニアロールなど日本のくら寿司にはないローカルメニューも豊富。ここでは、テキサス州オースティン店のトップ3を、私の独断と偏見で紹介します!

第3位「Kura Roll」
カリフォルニアロール?と侮るなかれ!

©Megu_Texas

優しい色合いのアメリカンスタイルの巻き寿司で、炙りサーモンとアボカド、エビマヨネーズが一つに。白胡麻を混ぜたシャリにレモンをしぼっていただきます。まろやかな口当たりにレモンのさっぱり感がたまらない。カリフォルニアロールと聞くと、日本人はついうがった見方をしてしまいがちですが、決して侮れません!

ちなみに、この他にもVolcano RollやCaterpillar Rollなど、名前を聞くとドキっとするような巻き寿司が18種類もあります。

第2位「Japanese Poke」
これも立派なローカルメニュー

©Megu_Texas

ハワイ料理のひとつであるポキは、日本でもお馴染み。鮮魚の切り身に塩や醤油、調味油などを混ぜ込んで作り、白米の上に乗せたものがポキ丼。これも立派なローカルメニューです。

白飯にまぐろとサーモン、エビマヨネーズ、アボカドが彩りよく並び、その上にねぎや白胡麻がちりばめられています。そこにかかるのが、くら寿司オリジナルの石澤ドレッシング!和風醤油風味で、日本を感じられるんですよね(笑)。

第1位「Seared Scallop Japanese Mayo」
日本のマヨネーズがありがたい!

©Megu_Texas

私のNo.1はこちら。ぷりぷりなホタテにかけられた炙りマヨネーズが罪深いほど味わいを深めます。日本のくら寿司にはありそうでないメニュー。

「Japanese Mayo」というのがアメリカ在住者にとっては高評価なんです。というのも、アメリカで流通しているマヨネーズは日本のそれとは風味が違うから。

色も薄くさらっとしているアメリカのマヨネーズに対して、日本のものは黄色めでコクがあるように感じます。移住して2年半が経過した今でも、マヨネーズといえばキユーピーな私は、1本あたり5、6ドル(約560〜670円)を支払ってアジアンマーケットで調達しているほど。

だから、「Japanese Mayo」を味わえるこの一皿がベストというわけ!

アメリカで受け入れられた回転寿司
「食べたいものを少しずつ」

©Megu_Texas

このオースティン店は、紀伊国屋書店、アジア食材の揃うスーパーマーケット「99 Ranch Market」、台湾発のベーカリーカフェ「85℃ Bakery Café」など、アジアのお店が集まるショッピングエリアの一角にあります。

1皿2.25ドル(約250円)からなので、日本と比較するとやや割高な価格設定。でも、周辺の日本食レストランで寿司を食べるよりはリーズナブルです。中国や韓国出身オーナーの日本食レストランも多い中、日本ブランドで、無添加にこだわった安心・安全な寿司を気軽に食べられる点も重要ですね。

©Megu_Texas

広報担当者に尋ねると、「豊富なメニューから食べたいものを少しずつ、自分のペースで楽しめる」ことも好評につながっていると話してくれました。

テキサスのローカルレストランで食事を注文すると、2食分ほどの量が1食で提供されることも少なくありません。そんななか、前述のようなシステムはここアメリカでポジティブに受け入れられているのでしょう。

アメリカを訪れて日本食が恋しくなったら「くら寿司」という選択肢もアリですよ!

Top image: © Megu_Texas
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
アメリカで流行る前から、寿司ブリトーを販売していたブラジルの日本食チェーン店「Koni」。
炙り寿司をさらに進化させてカナダで絶大な人気を集めてブレイクした「Aburi Sushi」が二子玉川に凱旋してやってきた。押し寿司の上にオリジナルソースを...
Yujia Huさんは、寿司でいろんな有名人やハイブランドプロダクトを作り上げています。
「Netflix」は、先日12月9日に発表された米「ゴールデングローブ賞」において、合計で34ノミネーションという快挙を成し遂げた。
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
イスラエルを旅したら、一度は食べてみたいフュージョンSushiのご紹介!
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
「株式会社ユーグレナ」と「銀座久兵衛」がコラボし、地球温暖化により海洋生態系が破壊され、寿司から日本近海のネタが消える未来を予測した「寿司が消える日」。
日本人が愛してやまないソウルフード、お寿司。いまでは国境を越えて多くの人に愛されているけれど、ふと、理由が気になってしまったんです。アメリカの女性ライター...
20代のリアルカルチャーを発信する「Elite Daily」。食のトレンドを伝える記事は、目新しさ、驚きそして、若者ウケの良さが判断基準だったりして?ライ...
「旅行者」と「ローカルアーティスト」をつなぎ、ディープでユニークなアクティビティを企画・提供する旅行会社が人気を集めている。そのアクティビティの内容とは....
15,000を超えるRTを集めた「簡単寿司」の作り方がまさに目からウロコ!使うのは100円均一で購入できる製氷トレーです。確かにこれなら手がベトベトにもな...
「GMOインターネットグループ」は、12月5日に開業した「渋谷フクラス」の商業施設「東急プラザ渋谷」にて「GMOデジタル・ハチ公」をオープンした。
ノマドな古着屋「weber(ウェーバー)」のポップアップイベント「Reading」が、12月14日〜17日に「ヒビヤ セントラルマーケット」で開催。
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
空港で注目を集めること間違いなしの「スーツケースカバー」が話題になっています。ビジュアルは、どこからどう見ても“握り寿司”そのもの。きっと、国内はもちろん...
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
カリフォルニア州に本社を置くHuy Fong Foods社の「シラチャソース」(別名:シラチャー、スリラッチャ)はタイ王国のシーラーチャー郡(Si Rac...