データ転送から生まれる「3D寿司」

四角いケーキのように、おおよそが立方体におさめられたシャリとネタ。これは、本物の寿司データをプリンターに転送してつくる「3D寿司」のCGです。

この寿司の正体は、オープンミールズが構想する「SUSHI TELEPORTATION」というプロジェクト。食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというもの。

気になるのは、食材をどうするのか?これまでは、ロボットアームが食用のゲルキューブを材料に生み出すという流れで、不要でした。でも、それは昨年までのお話。

現在は、魚のすり身や植物由来の原材料などで作れるように開発中。材料と3Dプリンターさえあれば、どんな場所でもうまい寿司が食べられるってことに。うーん……頭ではわかっていても想像が追いつきません。

ところで、どこでいただけるのでしょう?

2020年には、東京にレストラン「SUSHI SINGULARITY」の出店を計画。お客さんのデータをもとに、それぞれに必要な栄養素もプラスしてくれるそうです。近々、新しい食のカタチがやってくるってことですね。

Top image: © 電通/OPEN MEALS
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
Yujia Huさんは、寿司でいろんな有名人やハイブランドプロダクトを作り上げています。
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
ウエストや胸囲、ふくらはぎや肩など、合計で10カ所以上ものボディーパーツをスキャンしてくれるミラー「Naked」。徹底的に体を絞りたいという人にはピッタリ!?
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」にたずさわるみなさまから、“...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
米スタートアップ企業「ICON」が開発したコンクリートを出力する3Dプリンターを24時間の稼働させ、2つのベッドルームとキッチン、バスルームを有した約45...
炙り寿司をさらに進化させてカナダで絶大な人気を集めてブレイクした「Aburi Sushi」が二子玉川に凱旋してやってきた。押し寿司の上にオリジナルソースを...
江戸前寿司チェーン「板前寿司」より、自宅でも本格生本まぐろが楽しめる「板前 手巻きファミリー寿司セット15本分」が発売。
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
「米国国勢調査局」が先月発表したデータによると、米国の16歳未満の人口構成で、ヒスパニックや黒人、アジア系の人口が昨年初めて白人の人口を上回ったとことが明...
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
イギリスにある最高!?のマリアージュを発見。「Runaway Brewery」が開発したGari Goseは、成分にガリや昆布、梅やすし飯が入っているビー...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
8月20日、ジャガー・ランドローバーが新たなヘッドアップディスプレイを開発中だと発表した。フロントガラスに進路案内や警告文字を投影する予定だ。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。