容量360TB。データが永久に消えないクリスタル製5Dストレージって!?

サウサンプトン大学にある電子工学調査センター(ORC)が、新しくクリスタル製のデータストレージを開発しました。そのスペックが高すぎると話題になっています。

容量は360テラバイト。理論上、室温(1〜30℃)であれば永久にデータが消えず、190℃の環境に放置したとしても、138億年ほどはビクともしない計算に。ちなみに、最高温度は1,000℃まで耐えられるというから驚きます。

データが永久に消えない?
5Dデータストレージが凄い!

YouTube:©Optoelectronics Research Centre, University of Southampton

画像や動画をみると、見た目は厚みのある円盤型。同大学のwebサイトによれば、フェムト秒レーザーという、パルス(信号のようなもの)が短く、高出力なレーザーによって、立体的にナノサイズの加工を施し、データを記録。

下の画像のように、3つのレイヤーに分けて点を刻む仕組み。実際のディスクの姿は美しく、見とれてしまうほど。

D1315c0cee4557210608d215d655c30f689be7af

Photo:©Optoelectronics Research Centre, University of Southampton

527790f683cb947f152d1e9dd89e8c263317747a

Photo:©Optoelectronics Research Centre, University of Southampton

1238047ba91916e382c57081f8493364241f979e

Photo:©Optoelectronics Research Centre, University of Southampton

78adf6763ea65481743e958e5eb7f2a272ce4777

Photo:©Optoelectronics Research Centre, University of Southampton

メダルやコインのように小さなプレートでありながら、すでに膨大な情報量がある公文書や、博物館、図書館の資料保存法として利用されています。『世界人権宣言』や、ニュートンの『光学』、『マグナ・カルタ』、『欽定訳聖書』は保存済。

読み取り専用なところがちょっとだけ残念ですが、それにしてもとてつもないポテンシャル。いまのところは、商用化にむけてパートナーを探している段階とのこと。開発に携わった、ピーター・カザンスキー教授はこうコメントしています。

「ドキュメントや情報を記録し、未来の人々のために保存しておける方法を、私たちが作り出したと思うとゾクゾクします。この技術があれば、これまでに人類が学んできた文明の証拠を失わずに済みます」

Licensed material used with permission by ©Optoelectronics Research Centre, University of Southampton
たったスプーン一杯で、250,000枚の写真(1000万画素で)が保存できるというのは、想像したら、スゴイ未来だ。 UKのWiredで紹介された次世代のハ...
デンマークの研究チームが、水中・空中の酸素を吸収し圧縮・保持できるクリスタルを開発しているようだ。これが実現すれば、ダイバーは酸素タンクを背負わなくてすむ...
〈Penco(ペンコ)〉の「ストレージコンテナー」です。デスク上の細々したものを収納するためのストレージ、いろいろありますが、コイツはとにかく安くて、かわ...
ホームページは存在しない、情報は不定期でポストされるFacebookページのみ、70年代の少しスモークがかった白いメルセデス・ベンツのバンは突如ベルリンの...
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
火星の地表からでは測定できないデータを収集するためにNASAが目をつけたのは、ハチのようなロボットだった。曰く、機能性が高い「Marsbee」を使うことに...
ブリリア ショートショートシアター オンラインで無料上映中。
2014年11月。「IEEE Xplore」に新しい通信規格「Li-Fi」のテスト結果が発表されました。なんと224ギガビットの通信速度を実現したとあり話...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
シーズン問わず、コスパのいいおかず「塩サバ」ですが、いつも焼くだけではワンパターン。そこで、こんなおつまみはいかがでしょう。
2015年12月18日、世界同時公開からわずか1週間足らずで、5,000万ドル(約60億円)を突破した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。10年ぶりの新...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
シンプルにボトル6本が収納できるワイヤーバスケット。取っ手も付いてるので、持ち運びも簡単です。
まずは、以下の動画を見てください。これは、2016年2月5日に公開され話題になった「スキー場で滑る自分の姿をかっこよく撮影する方法」。どうやっているかとい...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...