油揚げを「こんにゃく」で代用した「いなり寿司」

渋谷区西原にオープンした「KON」は、こんにゃく寿司とかき氷の専門店。

きっと、初めて耳にする人も多いであろう「こんにゃく寿司」は、いなり寿司の油揚げをこんにゃくで代用した寿司のこと。「お寿司=ごちそう」というイメージがあった高知県の山間部で誕生した田舎寿司で、その後、熊本県の小国地方へと渡った郷土料理だ。

熊本県産の醤油きび砂糖で炊き、こっくり味の染み込んだこんにゃくに、「KON」では酢飯のほか、大葉わさびを利かせ、山椒の葉をアクセントに包んでいる。

こんにゃくと酢飯という異色の組み合わせ。けれど、初めて食す人でもすんなり喉を通るのは、ツルんとしたこんにゃくの食感もさることながら、薬味の効果によるところが大きい。

それにつけても、この見た目。実物のインパクトは3割増と思って間違いない。

©株式会社maison des perles

ところで、「KON」の代表メニューがもうひとつ。季節のくだもの、野菜、ハーブ、スパイスなど、旬の新鮮素材を使った「かき氷」だ。

今が旬のかぼすにクリームチーズソースを合わせた「かぼすとクリームチーズ」、冷製コーンポタージュをイメージさせる「とうもろこし」(どちらも税込1800円)など、旬のうまみを極限まで引き出したシロップ(むしろ、ソースと呼ぶべき?)に注目だ。

じつは「KON」のかき氷は、“ドルチェかき氷”の先駆者で奥渋の人気店「セバスチャン」の川又浩氏が監修した、マリアージュを極めた大人のための一品。そこに福岡県の茶酒房「万(yorozu)」の日本茶が付いてくる。

現在はコロナウイルス感染対策から、イートイン、テイクアウトともにWebでの先行予約を受付中。旅に出ずとも、各地のスペシャリティを巡る口福体験を。

©株式会社maison des perles
©株式会社maison des perles

『KON こんにゃく寿司とかき氷』

【住所】渋谷区西原1-14-13
【営業時間】11:00〜20:00
【定休日】月・火
【URL】https://kon-kon.jp/

Top image: © 株式会社maison des perles
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

SUSHI × エンターテインメントで次世代型の高級出張&出前寿司を展開する「SUSHI+」。寿司職人の岡林義明さんが、秘伝の「シャリ」を教えてくれました!
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
東京・練馬区にある「豊島園」に向かって歩いていると、おいしそうな昔ながらのかき氷屋さんを見つけた。店内に入ると「カレーとかき氷のセット」が目に入った。辛み...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
Yujia Huさんは、寿司でいろんな有名人やハイブランドプロダクトを作り上げています。
「揚げる」という工程をなくしただけでも、春巻きはヘルシーになる。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...