2021年、寿司は「ベイクする」時代に突入!

日本生まれの寿司は世界でSUSHIとして愛され、そして進化とローカライズを繰り返してきた。もう、だいたいの“進化系”は紹介してきたけれど、こんな新手なモノが登場するとは……。

いま、「SUSHI BAKE」なるものがフィリピンを席巻しているという。ベイクした寿司。つまり焼き寿司!?

©︎elevenbakerstreet / Instagram

この「SUSHI BAKE」、どうやら酢飯を耐熱容器に入れて、アボカドサーモンカニカマなど、火が通っても良さそうなネタをトッピングし、クリームチーズサワークリームなんかをあしらって、さらにウニとびっ子ふりかけなんかをフィリングにして乗せてオーブンで焼き上げる。で、焼き上がったら手巻き寿司の要領で、海苔に巻いて食べるんだそう。

うーん、どのあたりが寿司w?

これには、さしものスシポリスも絶句してしまいそうだけど、食をエンタメとして捉えれば、家飲みや手巻き寿司パーティーの変わり種として、ありっちゃアリかも。なんて思えて来るわけですよ。

フィリピンの人気ユーチューバーLian Limも「SUSHI BAKE」レシピに挑戦。観れば、結構おいしそうじゃない!

「こんなの寿司じゃない!」なんて言わずに、試してみてはいかがでしょう。

 

©︎Lian Lim / YouTube

Top image: © richardernestyap/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事