起業したらイスラエルに招待された話

私が起業したのは、2015年のことでした。その頃は、いつも「お金が足りない!」「仕事がない」「時間がない」……という悩みばかり。とにかく自由になりたくて会社を辞めたにもかかわらず、「心の自由がない~!」と嘆いていたのです。

しかし、「このままではよくない!」と一念発起。不安や雑念に惑わされず、徹底的に仕事に励みました。すると2018年の今年、中東のイスラエルに招待されることになったのです。それも、日本においての女性起業家10名のうちの1人として。

これも、小さくても一歩ずつ頑張ったご褒美なのかも!とありがたくご招待をお受けして、イスラエルで、私や会社のこれからを勉強してきました。

起業家大国、イスラエル

5946028893143040

正直に言います。私も招待されるまで正確には理解していなかったのですが、イスラエルは別名、起業家大国と言われています。スタートアップに優しく、国が若者を含めたビジネスパーソンを応援しているのですって。

起業家であれば、誰しも一度は訪れてみたい国。その秘密や理由が知りたくて、日本から15時間以上をかけて、人口、約900万人の小さな国へ旅立ちました。

羨ましいほどの男女平等

5917596209643520

旅程の中でイスラエル外務省を訪れたのですが、そこで聞いたのは、イスラエルの政府機関では職員の男女比がほぼ同じだということ。管理職の男女比率もほぼ同じになりつつあるそうで、世界でも稀にみる男女平等の国です。男女ともに兵役が義務づけられているので、体力の違いはあれど、女性も強い!

課題はあれど、日本とは雲泥の差。とても羨ましいと同時に、私が日本を変える!なんてひっそり決意しました。でも、兵役に従事することは絶対にしたくない、とも思いました。発言はしなかったですけどね。

ホロコースト記念館で絶望を考える

4688891160297472

ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を忘れないようにと建てられた記念館。本当の意味での絶望とは何か……そこに向き合うことで、同じ人間として、悲惨な歴史を繰り返してはいけないと強く感じさせられました。

それと同時に、私は今、日本で何不自由なく生きていることに気づいたのです。何も悪いことをしていないのに、強制的に隔離され、殺される。考えただけでも恐ろしいこと。想像レベルですが、それは絶望としか言いようがないのだろうと思いました。

私は今、毎日を絶望の中で生きているわけではありません。そう考えると、仕事だけではなく、プライベートでも、「生きていさえすれば何でも挑戦できる!好きなことをできる!」と前向きな気持ちになりました。

大事なのは、「良いことも悪いこともきちんと知る」ということ。それをホロコースト記念館で学びました。

死海でデトックス

5182483565903872

魚も生きられない『死海』。塩分濃度が30%もあり、死海の中に長時間入っていると皮膚がヒリヒリしてしまうこともあるそうです。

そんな死海にプカプカと浮かんでいたら、日ごろ溜まった疲れや不安で嫌な気持ちなどが毒素として排出されたよう。起業したらしたで、悩みはつきもの。人間って悩む生き物なんだな~とつくづく思います。でも、死海の海水がピリピリと全身にまとわりつくたびに、いつの間にか、心もスッキリ!まるで心の垢が落ちていくようでした。

すると、ムクムクと事業のアイディアや戦略が浮かんできたりして……。デトックスしてできた心の余裕は、次なる期待で満ち溢れていったのでした。


イスラエルでは、起業家のことをアントレプレナーとは言わず、チャレンジャー(挑戦者)と言うそう。チャレンジには失敗がつきもの。失敗したとしても、挑戦しているのだから、失敗にはならないのです。

この言葉を知れただけでも、イスラエルを訪れてよかったと思います。私はこれからは起業家ではなく、チャレンジャーとして生きていこう。そう強く思うことができました。

『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
Instagramアカウント「@hotisraeliarmygirls」では、イスラエルの女性兵士たちの日常を公開している。兵役中でもおしゃれをしたり、ビ...
先日、イスラエル政府は、侵入者を管理する監査官の求人広告を出しました。それは難民を見つけ出し、取り調べをし、必要に応じて捕まえるというもの。選考された人に...
カナダのYouTuberであるDaniel Tillotsonさんが、「これまでにやった1番バカなこと」と言いながらシェアをしていた動画の紹介です。
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
ビジネスの先を見る洞察力。クライアントを落とすコミュニケーション術。相手の立場に立ってものごとを考察する能力など…。ビジネスにおいて必要とされるスキルは、...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...
職業や役職によってセックスに違いがある、なんてにわかには信じがたい話ですが、今回その「7つの理由」を教えてくれたのは、「Elite Daily」の人気ライ...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、女性の先輩との人間関係の築き方。先輩を観察しながら試行錯誤を繰り返して発見した3つのポイ...
自身も会社を辞めて転職、フリーランス、起業という道を経たライターが「会社を辞める!」と決めた後に踏むべき3つのステップを公開!
独断と偏見でピックアップしました。
「プライベートでの成功が仕事の成功を生み出す」ライターMARCEL SCHWANTES氏の主張を簡潔にまとめるならば、そういうこと。成功を収めた起業家は、...
白いプリンに赤いソースが華やかなこのスイーツは、イスラエルの「マラビ」というもの。大切な来客のおもてなしや、祭事につくってみんなで食べる、特別感のあるデザ...
人気起業家である猪熊真理子さんの著書『「私らしさ」のつくりかた』では、なりたい「私」の見つけかたから、好きなことを仕事に変えて、ファンをつくるまでの方法が...
日ごろの疲れを癒すように、体を気遣った料理を朝から食べられたなら。それこそ充実した1日の始まりに欠かせないのが、こんな朝ごはんです。そこで、いつもとはちょ...
世界に通用する真のビジネスマンを目指しかつ若者のグローバル志向の底上げをミッションに「サムライバックパッカープロジェクト」を掲げ、世界中を渡り歩いた太田英...
サーフショップの店員から、「TalentSmart」の共同創設者となったTravis Bradberry氏。華麗な転身を遂げた彼が教える「キャリアに関する...