走行しながら充電できる!?イスラエルの「電気道路」が近未来

ご存知「テスラ」をはじめ、世界中の自動車メーカーやベンチャー企業がこぞって開発を進めているガソリン不要の自動車、EV

高価な車両価格もさることながら、整備されきてれいない“充電スポット問題”がイマイチ普及しない大きな理由のひとつだが、もしスマホのワイヤレス充電のように、走行中に道路から給電できるとしたら......。

このほどイスラエル・テルアビブ市で、そんなEVのデメリットを解消し、自動車での移動にソリューションを起こす可能性を秘めた世界初の実験がスタートした。

9月21日に開始されたのは、電気バスをワイヤレス充電できる電気道路の設置。場所は「テルアビブ大学駅」と「クラッツキンターミナル」の区間。そこに約600mの給電エリアを設けるのだとか。

設置後は2ヵ月間のテストをおこない、結果によっては電気バスの定期的な運行はもちろん、自家用車やトラックといった個人の乗り物にも応用させていく方針のようだ。

もちろん、これらはEVを普及させてガソリン車を減らし、二酸化炭素の発生を抑えるという環境に配慮した施策なのだが、どうやら世界中に高度な発想と技術力をアピールする狙いもあるよう。

ともあれ、イスラエルの実験の結果が、今後の交通インフラに大きな影響を与えることは間違いないだろう。

Tel Aviv-Yafo Municipality electronic road
© Tel Aviv-Yafo Municipality
Top image: © Tel Aviv-Yafo Municipality
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
「フォルクスワーゲン」がEVを充電する自律走行ロボットのコンセプトデザインを発表。
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
「next cruiser EV」は、電気エネルギー100%で走行する大人が「本気」で遊びたくなるミニカー。4月からの道交法改正にも対応し、一般公道の走行...
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
レトロな外観をもちながら、中身は先進技術で構成された、まさにレトロフューチャーな電動クラシックカー「EV CLASSIC」が、先月から先行予約を受付中だ。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
イスラエルで開発されている「Electroad」は、道路そのものが電源になっています。車道を掘り、機器を埋め込むことで、その上を走るEV車のエンジンに直接...
「ソニー」は「CES 2020」に合わせて開催されたカンファレンスにて、電気自動車のコンセプトモデル「VISION-S」を披露した。
「The Electric Factory」と「Ayax Toyota」が進める「HYプロジェクト」。植物の成長を刺激する周波数のサウンドを発する装置を開...
米カリフォルニアを拠点にする新興EVメーカー「Lucid Motors」からラグジュアリーEVセダン「Lucid Air」の詳細が発表。巷では「テスラ」の...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
「息をするのも苦しい」ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に、記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
今年の初めに米ラスベガスで開催された電子機器の見本市「CES 2020」でも大きな話題となった「SONY」によるEV「VISION-S」が、先日、日本で初...
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。