走行しながら充電できる!?イスラエルの「電気道路」が近未来

ご存知「テスラ」をはじめ、世界中の自動車メーカーやベンチャー企業がこぞって開発を進めているガソリン不要の自動車、EV

高価な車両価格もさることながら、整備されきてれいない“充電スポット問題”がイマイチ普及しない大きな理由のひとつだが、もしスマホのワイヤレス充電のように、走行中に道路から給電できるとしたら......。

このほどイスラエル・テルアビブ市で、そんなEVのデメリットを解消し、自動車での移動にソリューションを起こす可能性を秘めた世界初の実験がスタートした。

9月21日に開始されたのは、電気バスをワイヤレス充電できる電気道路の設置。場所は「テルアビブ大学駅」と「クラッツキンターミナル」の区間。そこに約600mの給電エリアを設けるのだとか。

設置後は2ヵ月間のテストをおこない、結果によっては電気バスの定期的な運行はもちろん、自家用車やトラックといった個人の乗り物にも応用させていく方針のようだ。

もちろん、これらはEVを普及させてガソリン車を減らし、二酸化炭素の発生を抑えるという環境に配慮した施策なのだが、どうやら世界中に高度な発想と技術力をアピールする狙いもあるよう。

ともあれ、イスラエルの実験の結果が、今後の交通インフラに大きな影響を与えることは間違いないだろう。

Tel Aviv-Yafo Municipality electronic road
© Tel Aviv-Yafo Municipality
Top image: © Tel Aviv-Yafo Municipality
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
これまで5分で電気自動車を充電完了することは不可能だといわれていたが、ラボのプロトタイプではなく実際の量産工場で工業見本を製造することで、実行可能にするだ...
「フォルクスワーゲン」がEVを充電する自律走行ロボットのコンセプトデザインを発表。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
先日、ロゴを変更して電気自動車(EV)への本格参入を示したばかりのアメリカの「ゼネラルモーターズ(GM)」が、また新たな決意を表明した。
「next cruiser EV」は、電気エネルギー100%で走行する大人が「本気」で遊びたくなるミニカー。4月からの道交法改正にも対応し、一般公道の走行...
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
4月10日、フランス政府は、鉄道で2時間半以内に行ける場所への国内線フライトの運航を全面的に廃止する法案を国民議会(下院)で可決した。
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
レトロな外観をもちながら、中身は先進技術で構成された、まさにレトロフューチャーな電動クラシックカー「EV CLASSIC」が、先月から先行予約を受付中だ。
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
イスラエルで開発されている「Electroad」は、道路そのものが電源になっています。車道を掘り、機器を埋め込むことで、その上を走るEV車のエンジンに直接...
創業100年を超え、米国発の自動車メーカーとして一時は世界最大の規模として名を馳せた「ゼネラル・モーターズ(GM)」が、約57年ぶりに会社ロゴを新しくする...
12月4日、EVメーカー「Aptera Motors」が太陽光発電のみでも走行可能な三輪のEV「Paradigm」と「Paradigm+」の予約受付を開始した。
「ソニー」は「CES 2020」に合わせて開催されたカンファレンスにて、電気自動車のコンセプトモデル「VISION-S」を披露した。
「BMWグループ」が先日『BMW Concept i4』を発表。縦長に大きく配置されたBMWの代名詞「キドニーグリル」が特徴的で、電気自動車らしいデザイン...
「息をするのも苦しい」ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に、記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
ここで紹介するコンセプト動画は、将来世界中を往来するようになる無人輸送船を、7〜14名ほどの少人数でリアルタイム監視するためのもの。動画に盛り込まれている...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
「Allbirds」が100%植物由来の「プラントレザー」を開発。
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
応援購入サービス「Makuake」にて、先行販売を実施している「Langogo Mini」は、音声録音、文字起こし、編集・共有、翻訳を1台で行ってくれる、...