走行しながら充電できる!?イスラエルの「電気道路」が近未来

ご存知「テスラ」をはじめ、世界中の自動車メーカーやベンチャー企業がこぞって開発を進めているガソリン不要の自動車、EV

高価な車両価格もさることながら、整備されきてれいない“充電スポット問題”がイマイチ普及しない大きな理由のひとつだが、もしスマホのワイヤレス充電のように、走行中に道路から給電できるとしたら......。

このほどイスラエル・テルアビブ市で、そんなEVのデメリットを解消し、自動車での移動にソリューションを起こす可能性を秘めた世界初の実験がスタートした。

9月21日に開始されたのは、電気バスをワイヤレス充電できる電気道路の設置。場所は「テルアビブ大学駅」と「クラッツキンターミナル」の区間。そこに約600mの給電エリアを設けるのだとか。

設置後は2ヵ月間のテストをおこない、結果によっては電気バスの定期的な運行はもちろん、自家用車やトラックといった個人の乗り物にも応用させていく方針のようだ。

もちろん、これらはEVを普及させてガソリン車を減らし、二酸化炭素の発生を抑えるという環境に配慮した施策なのだが、どうやら世界中に高度な発想と技術力をアピールする狙いもあるよう。

ともあれ、イスラエルの実験の結果が、今後の交通インフラに大きな影響を与えることは間違いないだろう。

Tel Aviv-Yafo Municipality electronic road
© Tel Aviv-Yafo Municipality
Top image: © Tel Aviv-Yafo Municipality
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
これまで5分で電気自動車を充電完了することは不可能だといわれていたが、ラボのプロトタイプではなく実際の量産工場で工業見本を製造することで、実行可能にするだ...
「フォルクスワーゲン」がEVを充電する自律走行ロボットのコンセプトデザインを発表。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
先日、ロゴを変更して電気自動車(EV)への本格参入を示したばかりのアメリカの「ゼネラルモーターズ(GM)」が、また新たな決意を表明した。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
資生堂のボディケアブランド「シーブリーズ」と赤城乳業株式会社の「ガリガリ君」のコラボ商品が4月下旬より数量限定で発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。