今日から始めたい。美容大国イスラエルの「朝ごはん」

日ごろの疲れを癒すように、体を気遣った料理を朝から食べられたなら。それこそ充実した1日の始まりに欠かせないのが、こんな朝ごはんです。

そこで、いつもとはちょっと違う卵を使った料理はいかがでしょう。フライパン1つでちゃっちゃとつくることができるから、忙しい朝にもピッタリ。

美容意識の高い
イスラエルの人たちは
こんな「朝ごはん」を食べてます

この卵料理「シャクシュカ」は、現地の言葉で“混ぜもの”を意味します。卵の下にハンバーグが隠れていそうですが、材料は玉ねぎ、ベーコン、トマト(水煮缶)、そして卵というシンプルな一品。

これがニューヨークやロンドンを中心に、健康的でハイエンドなブランチとして新定番になりつつあるんだとか。

たしかに、体に必要な栄養価をバランスよく含む卵とトマトの組み合わせで、動き始めの朝の体に栄養素を補う、バランスの良い食事。そこがおすすめポイントです。

フライパンひとつで手間いらず
シャクシュカのつくり方

フライパンにオリーブオイルを中火で熱したら、みじん切りにした玉ねぎとベーコンを入れて炒めます。トマト水煮とクミンパウダー、ナツメグを加えて水気がなくなるまで煮たら塩で味を調えます。卵をフライパンの中心に割りおとし、フタをして半熟になるまで火を通してできあがり。お好みで黒コショウを。

フライパンでぐつぐつするだけ。手間いらずな料理なので、毎朝の生活に取り入れてみては?

他の記事を見る
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
東西ヨーロッパの懸け橋となった、ポーランドの朝ごはんをどうぞ。
Instagramアカウント「@hotisraeliarmygirls」では、イスラエルの女性兵士たちの日常を公開している。兵役中でもおしゃれをしたり、ビ...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
本や新聞などに書かれている文章はもちろん、表札や看板の表示、目の前にいる友人、洋服の色、貨幣の金額、時計の時刻、商品のバーコードを理解して音声案内します。
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
イスラエルで即完売になったドリトスは、パッケージがタオル生地でできていました。食べるたびに手についた油やカスを拭けるってことです。
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...