浮遊体験で有名な「あの海」に沈めたらこんなことに!

イスラエル、ヨルダン、ヨルダン川西岸地区に接する塩湖である「死海」。日本からは行きにくいので、知ってはいても写真でしか見たことがない人がほとんどでしょう。

塩分濃度が高すぎるが故に、水面に体が浮いてしまう現象が起こることで有名ですが、その濃度がどれほど高いかはいまいちピンとこないところ。

でも、死海で“塩漬け”した物の写真を載せている『Sigalit Landau SALT YEARS』を見たら納得してしまうかも。撮影のために沈められた靴や自転車、バイオリンは、どれも分厚い塩の層に覆われていて「まさかここまで!」と驚いてしまいます。

この本、印刷はされていますが出版に向けて資金調達中です。一足先に他の写真もチラ見したいという人はこちらへ。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。