17人の子どもが、天国にいる父へ送った1枚の写真

もう二度と会えない人に、何かを伝えられるとしたら、それはどんな方法でしょう。手紙を書く、手を合わせて言葉をかける、日本では灯籠流しという文化もありますよね。Chrissy Rousselさんが選んだのは「写真を撮る」という方法でした。

最愛のお父さんが亡くなったのは、3年前のこと。そのすぐ後に、自身が三つ子を妊娠していることがわかりました。不思議なことに、義姉妹も次々と妊娠が発覚。もう少しだけみんなの妊娠が早かったら、もう少しだけ長生きできていたら……孫たち全員を抱いてもらいたかった、そんな切なさを抱えていたに違いありません。

そうして今年6月、すくすくと成長していく孫たちを集めて、お父さんにメッセージを送ることにしたのです。

「この17人が父の最大の遺産よ」

Fd909f6af8ac3be2482e8adc8f93a7c9fd12dc7e

兄弟ごとにTシャツの色をわけていて、年齢の順に番号がプリントされています。Rousselさん家族はもともと3人の娘が居たため、ピンク色の6人です。

「大きな喜びを私たちにもたらしてくれた、17人の子どもたち。思いやりがあって面白いこの子たちは、父の最大の遺産です。美しい愛の遺産。もう会えないのは寂しいけれど、毎日子どもたちの愛と喜びを通して、父の存在を感じています」

このコメントと一緒に、写真はFacebookページ「Love What Matters」に掲載されました。いいね!は3万以上集まり、同じように孫に会う前に父が他界してしまった世のお母さんたちからも、多くのコメントが寄せられています。

45bcda009085cb3fac74fb138edfcf480d1827ab

9人家族のRousselさん一家

Bdcc645e9260da0432e0081c7f90bcb5d12e523d

「子どもはすぐに大きくなってしまうから、出来るうちにたくさん写真を撮影していきたい」とRousselさん。

夏は集まって、ビーチでBBQを楽しむという17人の孫たち。これからも仲良く成長していく様子を、お父さんは天国で楽しみにしていることでしょう。

Licensed material used with permission by Chrissy roussel, (Facebook)
「死がもたらすのは、終わりだけじゃない」。写真から、そんな言葉が聞こえてくるような気がします。これは、蜷川実花さんが昨年の春、父・幸雄の死に向き合う日々を...
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
子どもから、ないしは家族がパパへの感謝をおくるのが「父の日」。一般的には。ですが、小児がんと闘うカンザス州のガブリエルくんは、先月(2016年6月)の父の...
いつもやさしいだけじゃない、時には厳しくもあるお父さん。作者であり一児の母でもあるSooshさんイラストを、紹介したのはもう2年近く前のこと。我が子のため...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
「toyotajpchannel」で公開されるやいなや、大きな話題となった動画をご紹介。これは、世界中の父娘へ贈る「愛の物語」です。父の視点と、娘の視点。...
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
娘には自分が認めた人とデートして欲しいから、デート相手に関するルールを設ける父親も少なくないはず。だけど、J. Warren Welchさんの考えは少し異...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...
「家族」──という意味を、もう一度考え直してみたくなる。父と娘、祖母と孫、兄弟姉妹、なかには写っているのが2人の人物とは信じられないものも。受け継いだ遺伝...
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...
ある日、62歳になる父が、昔アメリカの西海岸へ1年間旅をしたときの写真を見せてくれた。押入れの奥から取り出された写真アルバムのなかには、今まで知らなかった...
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
明日は「父の日」。でも、僕にはもう父親はいません。6年前に他界したからです。毎年どんな風に過ごそうかと悩んでいましたが、「Elite Daily」の女性ラ...
・このダンスには、愛が詰まっている。僕には5歳の娘がいるけれど、すぐに練習を始めるよ。・最高!こんなことが一緒にできるパパが欲しい!・パパから目が離せない...
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...