たとえ父親が亡くなっていても、心から「この日」を祝おう

明日は「父の日」。でも、僕にはもう父親はいません。6年前に他界したからです。毎年どんな風に過ごそうかと悩んでいましたが、「Elite Daily」の女性ライターRachel Chapmanの記事を見て、少しだけ心が軽くなりました。

彼女も2年前に父親を亡くしたそうです。彼女にとって父親は親友だったらしく、その悲しみに耐えるのは、人生においてもっともつらかったとのこと。特に「父の日」がある6月は、プレゼントを提案する百貨店の広告に辟易していたようです。彼女は、父親を亡くした多くの人にとって「憂鬱な月」だとも表現しています。

でも、ふさぎ込んで1日をムダにする代わりに、もっと別のオプションがあるのだということに気づいたようです。それは「父の日」を祝うこと。たとえ、父親がこの世にいなくてもー。

01.
友だちに囲まれて
時を過ごす

Ac6b5a361638cf50393983ededfb92312c31db25

一緒に過ごす人を見つけて、計画を立てましょう。

昨年、私は友だちと外出して、ランチとディナーを一緒にしました。彼女たちはずっと付きあってくれたのです。

本当の友だちは、あなたが究極にタフな時間を過ごす時にそばにいてくれます。あなたを支えてくれる友だちを探しましょう。友だちの中で、誰が父親がいないかを知れば、もっと仲間意識は芽生えるかも。父親がいない者同士、お互いに支えあいましょう。

02.
父が愛したことをやってみる

C292206bc02096f76f2d7940f21739f9abe69f60

私の父親は、ファミリーレストランを愛していました。とっても安っぽいかも知れないけど、私もそこを愛しているんです。それは、父がよく私を連れて行ってくれたから。

これからは、毎年「父の日」に、父親のお気に入りのファミリーレストランに行くつもりです。父が自分自身ではじめた習慣だから、私も続けたいのです。

あなたの父が愛したものを見つけて、誇りに思ってください。家にいるような馴染みの場所に行けば、父親がそばにいるように感じられるはずだから。

03.
父との思い出を共有する

529755c30ee3ecf654e1a6a2f02db60ec8bf232e

「もう父親はいない」と思ってしまったら、インスタグラムに写真を投稿して、父の偉大さを伝えることなどできないでしょう。

だったら、こう思えばいいのです。父親は、まだあなたの中に生きていて、彼を祝うことはできるんだって。

あなたの思い出と二人の大切な写真を共有してみる。それはあなたの父親を伝えるのに完璧な時間です。

もし、父親がいなくても、「父の日」は、素晴らしい父のことを祝福する日なのです。この日は、生きている父親だけのものではありません。

04.
父を悲しませないよう
あなたの1日を大切に

3ac87a23adb0e0ce70c5515d57062485629b8e16

あなたの父親は、あなたが悲しくて1人でいることなど望んでいません。だから、小さな気晴らしを持ったりすることも大事なのです。

父がいない「父の日」は、1年の中で最も長い1日のように思えます。

気晴らしをする人が見つからない場合は、気晴らしができる活動を見つけてください。究極の逃避かもしれないけど、ずっと観たかった映画に行くとかでも大丈夫。

軽いコメディがいいかもしれません。泣くようなストーリーは厳禁です。だって、そんな映画を観たら涙が止まらなくなってしまうから。

「父の日」は、タフな日です。私も父がいない日は、2度目ですが、決してラクに過ごせるとは想像できないから。でも、その日が、1年の中で最悪になる必要はないのです。

まだ父親がいる幸運な人は、幸せな「父の日」を。そして、私と同じように父親がいない人は、特別に幸せな「父の日」を。皆が、いい時間を過ごすことを祈っています。

Licensed material used with permission by Elite Daily
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
「死がもたらすのは、終わりだけじゃない」。写真から、そんな言葉が聞こえてくるような気がします。これは、蜷川実花さんが昨年の春、父・幸雄の死に向き合う日々を...
「父の日」「プレゼント」と検索を入れると、関連ワードには「人気」や「定番」、これと並んで上位に来るのが「健康グッズ」です。世のお父さんたちのカラダを心配し...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
もしかしたら、日本でもごく一部の人しか知らないネタかもしれませんが……、毎年6月10日は「アイスティーの日(National Iced Tea Day)」...
子どもから、ないしは家族がパパへの感謝をおくるのが「父の日」。一般的には。ですが、小児がんと闘うカンザス州のガブリエルくんは、先月(2016年6月)の父の...
ネクタイってどうやって結ぶんだっけ?うまく髭の手入れができないけど、どうしよう?こんな疑問が浮かんだとき、ついすぐにスマホを手に取ってしまう。お父さんに聞...
娘には自分が認めた人とデートして欲しいから、デート相手に関するルールを設ける父親も少なくないはず。だけど、J. Warren Welchさんの考えは少し異...
今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
女性ライターのDana Michは、米ヴァージニア州で夫と愛犬と共に暮らしている。そんなDanaは、9ヶ月前に父親を亡くした。ここで紹介するのは「Wash...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
「誕生日に息子をおもちゃ屋に連れてったんだ。何を選んだと思う?」そう話すお父さんと一緒に動画に登場したのは、3歳になったばかりのアザイくん。どうやら自由に...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
メキシコに暮らす人たちは、骸骨のメイクをしたり、置物を飾ったりして、魂が戻ってきた故人と明るく「死者の日」を過ごします。アーティストButch Locsi...
どんな父親だって、カワイイ娘の幸せを一番に考えますよね。その大事な娘が「幸せ」を掴むために、父親ができるちょっとした手助けを編集者のトム・バーンズさんが紹...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
お父さんが無性にイヤになってしまう時期は、女性ならきっと誰にでもある。一緒に洗濯しないで!先にお風呂に入らないで!…なんて気持ちもわかる。だけど、一生懸命...
「モノに溢れた豊かさは、本当の意味での幸せではない」。父の死を乗り越えるため、自分への試練を課したライターAssya Barrette氏。200日の経験か...
いま、アメリカで話題を呼んでいる父と息子の一幕。結婚を決意した息子が、父にその報告をする。たったそれだけのやり取りですが、きっとあなたの心は動くはず!息子...
もうすぐ、クリスマスシーズンが到来。ロマンチックな計画を立てて、もっと親密に…なんて心待ちにしている人も多いはず。でも、クリスマスまで待たなくたって記念日...
3月9日はバービーのお誕生日。レディに年齢を尋ねるなんて失礼なんだけど、一体いくつなんだろう?って思って調べてみたら…なんと59歳!そんなバービーが、見覚...
ワインのように熟成させることは珍しい鮮度命の日本酒生酒。酒造が設定している解禁日にでも見学しない限り、なかなか「しぼりたて」を当日中に飲むことはできない。...