日本と変わらない「イラン」の日常

ただ日常生活を送っているだけだと、どうしても知れないことや、見れないものがたくさんあります。

実際に足を運んでみないと分からないというのが、ほとんどなのかもしれません。

だけど、写真を通したら、自分の持っている印象や考えは少しだけ変えられるのではないでしょうか。

そこで、「名前はよく聞くけど、なんだかイメージが湧いてこない国」にフィーチャーして紹介していきたいと思います。

着飾らない、イラン

イランに対して、「◯◯な国」と明確なイメージを持っている人は少ないでしょう。

もしかしたら、核合意や女性の人権、白色革命などの政治的な印象が強いかもしれません。

フォトグラファーPascal Montagneさんが撮影した「イラン」からは、現代的な一面を垣間見ることができます。

459209615343616063056201981624325337000114651136642114381257113656327966598103045498817302495232

ヒジャブの着用をめぐる問題も抱えているイラン。

ニュースでは政治的な内容がよく報道されますが、彼らの日常は日本のそれとあまり変わらないのかもしれません。

Licensed material used with permission by Pascal Montagne, (HP), (Instagram)
イランのLavasanには、宗教的な意味を持つ彫刻や、一見すると意味のわからないオブジェが並ぶ博物館が。
不平等な社会を訴えるべく、フォトグラファーMarinka Masséusとイラン女性たちは、「自由を表現する写真」と「鮮烈なメッセージ」を発信しています。
いろんな国の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画です。
なんかちょっと、変なんだけど。
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
リラックス用に作られたものですが、効果効能よりも商品名がgreat!
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
あこがれの街。
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。
それぞれのチャートに紐づく日用品を使い、日常のあるあるをチャート化!なかでもウンと頷けるものを勝手にピックアップしてみました。
昔ながらの中国が色濃く残る。
 加工とか演出がほどこされていない、あらゆるものごとの「生」の状態って、とてもすてきだと思います。中国の若者たちの日常を紹介した記事の反応をみていると、こ...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
「イランの建築史にようこそ!」と書かれたインスタグラムアカウント「m1rasoulifard」には、数々のモスクを撮影した写真が投稿されています。左右対称...
なんてことのない部屋。ありふれた日常。なのによく見るとどこか違う。見慣れた風景の見慣れたものをもとの文脈から切り離して置くことで、独特な世界観を表現するフ...
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第7弾です。
中東の国イランにおいて、コーラよりも名の通った、老若男女に愛される飲み物があります。それが「ドゥーク」。例えるならヨーグルトをサイダーで割ったような味。ヨ...