いつか行きたい「イランの食」入門編ツアー

時々ニュースで耳にすることはあれど、日本人にはあまり馴染みがない国、イラン。

ペルシャ料理とも呼ばれるこの国の料理がどのようなものか、知っていますか?恐らく答えは「ノー」のはず。そんなアナタにとって入門編になるかもしれない、現地のフードツアーを見つけたので紹介します。

テヘランとエスファハーンで行われている「Persian Food Tours」。ツアー参加者みんなで朝食を食べにいくことから始まり、食材を学ぶために市場へ行ったり、ローカルのパン屋に立ち寄ったり。料理教室もついていて、さまざまな環境でイランの“食”に触れることができるんです。ツアーは催行人数2名からで、所要時間は約半日。

とは言え、現在、外務省から渡航に関する注意喚起が出されているイラン。今すぐにとはいきませんが、頭の片隅に置いておくといいかもしれません。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
イランのLavasanには、宗教的な意味を持つ彫刻や、一見すると意味のわからないオブジェが並ぶ博物館が。
「名前はよく聞くけど、なんだかイメージが湧いてこない国」にフィーチャーして、紹介していきます。
不平等な社会を訴えるべく、フォトグラファーMarinka Masséusとイラン女性たちは、「自由を表現する写真」と「鮮烈なメッセージ」を発信しています。
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
中東の国イランにおいて、コーラよりも名の通った、老若男女に愛される飲み物があります。それが「ドゥーク」。例えるならヨーグルトをサイダーで割ったような味。ヨ...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
「イランの建築史にようこそ!」と書かれたInstagramアカウント「m1rasoulifard」には、数々のモスクを撮影した写真が投稿されています。左右...
「Elle Voyage」は、「旅は好きだけどひとりでは行けない!」という女性のためのツアー会社。設立したのは、自身も旅が大好きなDawn Simoneさ...
旅行代理店「Kraken Travel」と北朝鮮やチャド共和国などへ行く珍しいツアーを企画する「Lupine Travel」がパートナーシップを組み誕生し...
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
主人公は、アフガニスタンから家族と共にイランへ逃れてきた少女ソニータ。彼女の夢はラッパーになることだ。しかし、現実は、パスポートも滞在許可書もなく、退去通...
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
中東の国々では定番のミックススパイス「ザタール」。どんな料理にかけてもおいしくなる万能調味料なんですが……それって「ふりかけ」じゃないか!
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
中央アジア・ウズベキスタンやトルクメニスタンを15日間かけてまわるフォトツアーにビックリ。その目玉スポットがスゴいんです。
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...