児童のための「昆虫食の入門書」が刊行!キャッチコピーは「おかわり!もう1匹!」

絵本などの児童書を扱う「文研出版」より、日本初となる児童向けの昆虫食の図鑑『ホントに食べる?世界をすくう虫のすべて』が刊行された。

「昆虫食」の入門書として登場したこの図鑑では、虫が環境や社会にもたらすメリット、種類、おいしく食べる方法などをイラスト付きでわかりやすく紹介。子ども向けの本でありながら、大人が読んでもその“ムーブメント”は理解しやすく、非常に勉強になる1冊。

サステイナブルな食材として注目を浴びる昆虫食。専用のレストランがオープンしたり、「無印良品」が昆虫を素材に使用した商品の発売を計画するなど、昆虫食が一般に浸透しつつある今、その価値をさらに深く理解するためのいい教材になりそうだ。

昆虫食 図鑑
©文研出版
昆虫食 図鑑
©文研出版
昆虫食 図鑑
©文研出版

『ホントに食べる?世界をすくう虫のすべて』
【定価】3600円(税抜き)
【対象】小学校中学年〜大人向け

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
昆虫食通販「バグズファーム」を運営する「株式会社アールオーエヌ」が、昆虫食をより身近に感じられる昆虫酒700mlフルボトルサイズの取り扱いを開始。
2025年度には、世界の昆虫食市場が約1000億円となる見込みとリサーチプラットフォーム「MDB Digital Search」が推計。
東京、お台場の「日本科学未来館」にて、「昆虫食」を気軽に体験できるフェアが2021年2月末まで開催中。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
世界中の昆虫食を販売する通販サイト「バグズファーム」から「コオロギコーヒー」が9月19日より発売された。
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...