フラッシュの光が漏れないよう、細心の注意を払って撮った一枚。

女性として、私は“強制”なんてされたくない。だけど、従わなければいけない。もしも反対したら、それなりの対価がともなうから。

自分自身に、家族たちに、迷惑をかけるつもりは全くない。

だから、言う通りにしているだけで、それを正しいと信じる心なんて、どこにもない。

イランでは、女性はヒジャブを着ることが政府によって義務づけられています。他にも化粧をすることが規制されたり、膝丈まである洋服を着なければいけなかったり。

そんな不平等な社会を訴えるべく、フォトグラファーMarinka Masséusとイラン女性たちは、「自由を表現する写真」と「鮮烈なメッセージ」を発信しています。

身に纏うヒジャブによって
意識する「圧迫感」

Marinkaによれば、イランに暮らす女性はヒジャブを“抑圧のシンボル”と、考えているようです。

学校では、みんな、兄弟であり、姉妹であると教えられました。全ての人は平等であると。でも、現実は異なります。どこにも平等という考えはありません。

なんで、男性のために体を隠さなければいけないんですか?何が平等なんですか?私のために洋服を着てくれる男性はいないくせに。

だからこそ、重力を無視するようになびくカラフルな布を、<自由>に見立てて、Marinkaは作品を撮ったそうです。当たり前だと思われていたことを否定する意味も込めて。

今、イランに暮らす女性は、少しずつヒジャブの着方を変えたり、色を増やしたりしながら、ただの押し付けにすぎない“義務”と戦っているようです。

昨年末には、多くの女性たちが集まり、本当の意味での民主主義を求めるデモが行われました。加えて、#WhiteWednesdayというソーシャルムーブメントも起きていて、イランの女性たちは「選択の自由」を求めています。

私の両親は共産主義者で、Shahの圧政と戦い、そして、Khomeiniに裏切られました。だから、私は心の中に燃え盛る炎を持っています。

2009年の「Green Movement」の後には、たくさんの人が希望を捨てました。

だけど、私は違います。

匿名でありながらも、世界にメッセージを届けようとするイラン女性たちの勇気。それをサポートするために、フラッシュの光が外に漏れないようにと細心の注意を払い、カメラを手に取ったMarinkaの行動力。

僕たちができることは、それを少しでも多くの人に伝えることなのかもしれません。

街を眺めるとカラフルです。髪を出してヒジャブを着けている人もいます。

それは変化でもあり、希望でもあります。

5年前は、政府が求めるような黒かブラウンだけでした。でも、今は、街にたくさんの色があるんです。

私はカラフルなヒジャブを身に纏い、違反だけど、戦う意味を込めて自転車に乗っています。私は自分の人生を生きるし、自分のことを隠しません。

現在のイランには希望があります。

Licensed material used with permission byMarinka Masséus
「名前はよく聞くけど、なんだかイメージが湧いてこない国」にフィーチャーして、紹介していきます。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
テヘランとエスファハーンで行われているフードツアー、「Persian food tours」。市場などをまわったり、料理を作ったり。いつかイランを訪れた日...
イランのLavasanには、宗教的な意味を持つ彫刻や、一見すると意味のわからないオブジェが並ぶ博物館が。
イタリアのデザイナーによる指輪「Teti」が「kickstarter」に登場。指輪のうえに、NY、ロンドン、ローマの街並みが再現されており、お気に入りの街...
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
光を遮りたいから用いるブラインド。ところが、その性質を逆手にとった、こんなアイデア照明がありました。
ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんはファッションを通して日本におけるイスラム教やムスリムへのイメージを変えようしているクリエイターだ。東京生まれ東京育ちの...
12月10日、「NIKE」が女性のためのコレクション「ナイキ・ヴィクトリー・スイム・コレクション」を発表した。特筆すべきは水泳用ヒジャブウェアが販売される点だ。
目元が光っていて、撮られた本人からすると不本意すぎる一枚。でもこれ、前述の通り、なるべくしてこうなっています。仮にもう一度撮り直しても同じ結果です。
立命館大学×順天堂大学×東京藝術大学COI拠点の三者が共同開発したウェブアプリ「Biosignal Art(バイオシグナル・アート)」。「人間のカラダの構...
Nor Dianaさん(リングネーム:Phoenix)は、マレーシア出身のヒジャブを被るプロレスラー。2019年7月6日には、男子プロレスラーも参加する同...
絵画のような一枚一枚に、ミステリアスを感じざるを得ない。
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
フェスで盗撮された女性がソーシャルムーブメントを生み出し、今イギリスの法律を変えようとしています。
男性が女性をナンパをしているところを見かけることがあります。そんな状況にうんざりしたNoa Jansmaさんは、自撮りを通して、世の男性にあることを訴える...
6月2日、デザイン事務所「KIGI」の渡邉良重氏と「株式会社ほぼ日」によるレディースブランド「CACUMA」から、初のメンズブランド「CACUMA U」が...
史上もっともカーボンフットプリントの低いスポーツパフォーマンスシューズ開発に向け、「アディダス」と「オールバーズ」のフットウェアブランド2社がタッグを発表。
光の線やドットをヌードモデルのカラダに投影し、それを作品として動画や写真に撮るフランス人フォトグラファー、Dani Olivierさん。彼が手掛ける作品は...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
実際に使っているミレニアルズ10人に、漏れない?面倒じゃない?などなど「月経カップ」に関するあれこれをアンケートしました。
女性のあるあるって、乙女心も絡むから男性にはないものが多い。中には「わかる〜」と頷きクスっとなってしまうものも。女性だからこその特徴的な出来事をイラストに...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...