左右対称に広がる「モスクの天井」を捉えた20枚の写真

「イランの建築史にようこそ!」

と書かれたインスタグラムアカウント「m1rasoulifard」には、数々のモスクを撮影した写真が投稿されています。左右対称にビッシリと広がった、幾何学的な構造の天井はインパクト大。一度は生で見てみたいものですね。

01.

Hazrate-Masomeh’s mosque in Qom, Iran.

02.

Chehel-soton's palace in Esfahan.Iran.

03.

Sheikh lotfollah mosque in Esfahan,Iran.
築400年。

04.

Jameh's mosque in Esfahan,Iran.
築900年。

05.

Jameh's mosque in Esfahan,Iran.
築900年。

06.

Sheikh-lotfollah's mosque in Esfahan,Iran.


07.

Chehel sotoun in Esfahan,Iran.
Palace of Shah Abbas Safavi.
築400年。

08.

Hazrate-masomeh's mosque in Qom, Iran.

09.

Jameh's mosque in Esfahan,Iran.
築900年。

10.

Hazrate-masomeh's mosque in Qom, Iran.

11.

 Jameh's mosque in Esfahan,Iran.
築900年。

12.

Hazrate-masomeh's mosque in Qom, Iran.

13.

Hafez's tombIn shiraz. Fars . Iran.

14.

Vank's church in Esfahan, Iran.

15.

Mas'odie's building in Tehran,Iran.

16.

Alighapoo's palace in Esfahan,Iran.

17.

Shahe-cheragh's mosque in Shiraz,Iran.

18.

Shahe-cheragh's mosque in Shiraz,Iran.

19.

Shahe-cheragh's mosque in Shiraz,Iran.

20.

Sheikh lotfollah mosque in Esfahan,Iran
築400年。

Licensed material used with permission by m1rasoulifard
他の記事を見る
アラブ首長国連邦を構成する1つ、シャルジャに光り輝くモスクがあらわれました。位置としてはドバイから車で30分ほど移動したところにあります。
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「名前はよく聞くけど、なんだかイメージが湧いてこない国」にフィーチャーして、紹介していきます。
不平等な社会を訴えるべく、フォトグラファーMarinka Masséusとイラン女性たちは、「自由を表現する写真」と「鮮烈なメッセージ」を発信しています。
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
だけど今、ウユニ塩湖への思いが再熱している。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
イランのLavasanには、宗教的な意味を持つ彫刻や、一見すると意味のわからないオブジェが並ぶ博物館が。
モスクの天井装飾にエキゾチックさを感じたり、近所の銭湯でタイルの壁に囲まれてノスタルジックな気分になったり。色使いや模様の並べ方で、国や時代の特徴が出るの...
「シエナ国際写真賞」は、文化発信や芸術発展のために広く作品を募集している大きなコンテストのひとつ。ここでは、世界中から集まった50,000点の写真の中から...
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
テヘランとエスファハーンで行われているフードツアー、「Persian food tours」。市場などをまわったり、料理を作ったり。いつかイランを訪れた日...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...