フライパンで作れる「驚きの料理3選」 焼き魚からパスタまで!

あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。

ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライパンひとつで作ってみました! これを読めばフライパンの出番が増えること間違いなし、ですよ。

01.
フライパン焼き魚

B6fc0c36cf9d25ce6646e863eff2ea55b06ed36f

材料:2人分
お好きな魚の切り身    2切
塩            適量
酢            適量


【作り方】
①切り身に軽く塩を振る。
※塩が振ってある切り身を使用する場合は、塩は振らなくてOK!
②フライパンを中火にかけて温める。
③酢を切り身に軽く塗り、フライパンに蓋をして両面こんがり焼く。

フライパンでも、皮はパリっと身はふんわりと焼くことができます。

ポイントは、フライパンしっかり温めてから焼くことと、酢を塗ること。こうすることで、フライパンに身や皮が張り付いてぼろぼろになるのを防ぐことができます。焼き上がりは、酢の匂いも味もしません。焼き魚食べたいけど、グリルがない……という人に持ってこいですね。

02.
フライパンチーズメンチカツ

B645da21eae5eab34b6d7017309b47b6657f2f88

材料:2〜3人分
A豚ひき肉         300g
A玉ねぎみじん切り)   1/2個
A塩コショウ        適量
パン粉            40g
ピザ用チーズ         適量
パセリ、ソースお好みで)  適量


【作り方】
①パン粉をフライパンでキツネ色になるまで炒り、取り出す。
②①で使ったフライパンを軽く洗い、Aを入れて粘りがでるまでゴムベラで練り混ぜたら、均等に広げる。
③蓋をして弱火で焼く。
④裏面に焼き目がついたら皿などを使ってひっくり返し、再び蓋をして中まで火を通す。
⑤火を止め、チーズをまんべんなくのせ、蓋をして余熱で溶かす。
⑥①のパン粉をまんべんなくかける。お好みでパセリやソースをかけてお召し上がりください。

なんと、油を一滴も使わずにジューシーなチーズメンチカツが完成!

パン粉を最初にしっかり炒ることで、まるで揚げたてのようなサックサクな食感を再現できます。チーズがお肉とパン粉を密着させる役割をしてくれるので、取り分けた時にパン粉がボロボロこぼれることもなく、とっても食べやすいです。

油で揚げるよりもヘルシーで、すぐに作れるフライパンチーズメンチカツ、今夜のおかずにいかがでしょう?

03.
シーフードとトマトの
フライパンパスタ

835642266d540192fcce01e32cc8b77983aafd3b

材料:1人分
Aにんにくみじん切り)   1かけ分
Aオリーブオイル       適量
Bアサリ           10個
B海老            4
白ワイン             30ml
C水             200ml
Cトマト水煮缶        200ml
Cウスターソース       大さじ1
Cトマトケチャップ      大さじ1
C塩コショウ         適量
パスタ              100g
モッツァレラチーズ      50g
イタリアンパセリ       お好みで


【作り方】
①フライパンにAを入れて弱火にかけ、にんにくの香りがしてきたらBを加えて炒める。
②オリーブオイルが全体に回ったら白ワインを加えて蓋をし、あさりの口が開くまで蒸す。
③あさりの口が開いたらCを加え、沸騰してきたらパスタを半分に折って加える。
④パスタ同士がくっつかないように時々混ぜながらパスタに火が通るまで煮る。
⑤モッツァレラチーズを加えて予熱で溶かす。お好みでイタリアンパセリを散らしてお召し上がりください。

フライパンひとつで本格的なパスタだって作れちゃいます!

魚介の旨みがたっぷり出ていて濃厚な仕上がり。ソースとパスタを一緒に煮ることでソースにとろみがついてパスタに味がしっかり絡みます。別鍋を用意する必要がないので、洗いものも少なく済むのがうれしいですね。

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
最近話題のグルテンフリー。アレルギーがなくても、体質改善のために小麦粉を控えている方も多いよう。自宅にホームベーカリーやオーブンがなくても、フライパンです...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
みんなで料理を持ち寄るホームパーティー。何を持って行こうか迷ったら、ワインによく合うしょっぱいクッキーはいかが?
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!
美味しいうえに、太りにくく、体にもやさしいお茶受け。フライパンで気軽に作れちゃいますよ。
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
「Food52」に登場するパスタメニューは山ほどありますが、これまで見てきたものの中で、ここまで貧相なビジュアルのパスタは初めて。紹介者のAnnie Cr...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...