急ぎのランチに「ペペロンチーノ」をつくってはいけない理由

なんでも焦ってやってうまくいくことなんてないけれど、料理においてもほんとそうだなって思うことがありまして。

知らなきゃ知らないでもそれなりにウマイんですが、これ覚えたら、もう世界が一変するんじゃないかって。そういうお話です。

時間は30分ちょい
アナタなら何つくる?

4825971450445824
© Nishihama/Shutterstock.com

「ペペロンチーノだけは得意なんです」と、普段は“食べ専”の後輩が包丁を握りました。午前中のミーティングが長引き、午後から別のアポもある。時間は30分ってところ。

アポの前にペペロンチーノかい!ってのはさておき。彼、週末キッチンに立つくらいで、あんまり料理はしないそう。のわりにいい音させてニンニクを刻んでちゃっちゃと用意する。ちょいと奮発したというエクストラヴァージンのオリーブオイルまで仕込んでたりして。

なんとも…味気ない「味」
の正体、わかる?

さて、そこから。

フライパンを中火にかけてオイルをひいて、しばらくしてニンニクと唐辛子を投入。「ジュッ」と勢いよく若草色の海ではじけるニンニク。キツネ色になったタイミングを見計らって、程よく隣で茹で上げたパスタをフライパンに。さっと絡めて、品よくオレガノなんかを散らして、ハイできあがり(ドヤ顔です)。

もう、わかる人はわかるんだけど、彼の名誉のためにこう表現するのをお許しください。

決してマズいわけじゃない。ただ、「味気ない味」。

べつに塩が利いてないとか、オレガノがしらすやボッタルガだったら良かったとか、具材が不満とか、そういうことを言いたいんじゃない。単純に「味気ない」のです。なぜかって?そう、アーリオオーリオ(aglio olio)してないからです。

シンプルに見えて奥が深い

かんたんに言えばアーリオオーリオって、ニンニクの香り(風味もね)をオリーブオイルに移したソースのこと。材料もシンプルならレシピは単純。でもこの「移しかた」が一筋縄ではいかない。

なんだってそうだけど、単純そうなものほど奥が深い。ゆえにおもしろい。彼のペペロンチーノが悪かったわけじゃないんだけど、僕がつくるとしたらばこう(なんて、おせっかい)。だって、これ知っとくだけで世界変わるもん。

香りを“引き出す”調理法

6490215308853248
© Africa Studio/Shutterstock.com

ニンニクはスライスでも、みじん切りでも、包丁の腹でつぶすだけでも、なんでもOK。むしろ大事なのは、火加減のほう。常温のオイルをフライパンに引いてニンニクを入れ火にかける。ポイントは弱火でじっくり、です。

香味野菜の持ち味である「香り」を引き出すには、弱火でじっくり火を入れていく。というか、香りを油に移していく。これ、実際やってみるとわかりますが案外時間がかかる作業。じーっと待つ。慌てない。焦がしたら元も子もないからね。

だから、急いでいるときにペペロンチーノはつくるもんじゃないよってハナシ。

やがて、フライパンからいい香りが立ってきます。きつね色はあくまで目安。鼻で感じましょう、鼻で。あらかじめオイルにみじん切りにしたニンニクを漬け込んでおいて香りを移したりもできるけど、やっぱりその場でアーリオオーリオする方がだんぜんウマイ。

そうそう、唐辛子。

これは好みだけど、辛いの好きなら種ごといくとか、量を増やすよりも、ちょっとだけソースの温度が下がってから食べるがオススメ。辛味成分カプサイシンは、油に溶けでる性質があるからニンニクと一緒に火にかけるわけだけど、辛味の効力を発揮するのは熱々の状態よりもむしろ落ち着いてきてから。思ったよりも辛かった!なんてことにならないようにね。

 

Top photo: © Maxal Tamor/shutterstock
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「弱火でにんにくを熱して香りがたつまで炒める」、レシピを見ているとこんな表記をよく見かけますよね。ペペロンチーノ、炒飯、チキンソテー、野菜炒め、カレーをつ...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
「Food52」に登場するパスタメニューは山ほどありますが、これまで見てきたものの中で、ここまで貧相なビジュアルのパスタは初めて。紹介者のAnnie Cr...
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
台所にいつも常備してあるツナ缶でも、こんなに奥深い味になるのが不思議。セロリがなければピーマンやパプリカ、ニンジンなど加熱して美味しい野菜ならなんでもOK...
アヒージョとは、スペインの小皿料理でイタリアのペペロンチーノと味つけはだいたい同じ。ワインのつまみとして最高です。バゲットもお忘れなく熱々をめしあがれ!<...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
素材の持ち味を逃さず、しかも柔らかく仕上がると、いま話題の調理法に“真空調理”があります。材料に応じた時間と温度設定で真空状態にしたお肉などを加熱していく...
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
あなたにとって理想のキャラメリゼとは、そもそもどんなもの?とろとろとした甘いもの?それとも玉ねぎの形がしっかりの残っているもの?つくりたい具合によってこう...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
焼き鳥屋さんでは定番の「砂肝(砂ずり)」。食卓にあまり登場しない理由は、料理のレパートリーがそれほど多くない、あるいはそもそも調理法が分からない、といった...
ダイエット中の残念なチョイスを避けるテクニックを、手島奈緒さん著『外食女子のための太らない選択』(サンクチュアリ出版)でチェック。外食時に役立つ知識が盛り...