「ペペロンチーノの素」でラーメンを作ってみたら絶品だった...

スープ付きのチルド麺や袋麺だけが、家庭でつくるラーメンではありません。かといってガラからじっくり煮出してスープをつくるわけじゃない。機転をきかせて、ちゃっちゃと極上の味に仕上げる方法があります。

レシピを紹介してくれたのはフリーランスラーメン屋、鯛骨拉麺「鯛祥」の横山祥太郎さん。

材料は……あれ、パスタシーズニングにケチャップ!? これが、まさかまさかのアレンジを生み出すんです。

横山祥太郎(よこやましょうたろう)

フリーランスのラーメン屋。鯛骨拉麺「鯛祥」。専門学校で寿司を学んだあと、2018年「MADAI RAMEN NAKAME」として中目黒にて間借り営業開始。2019年10月ツカノマノフードコートにて「鯛骨拉麺 鯛祥」OPEN。間借り営業を中心に活動し、ケータリングやイベント出店などでも展開。鯛骨ラーメンや拉麺懐石など、ラーメンの新しいジャンルを切り拓く。
Instagram:@taikotsu.ramen.taisho

野菜不足解消!
ミネストローネ風ラーメン

©2020 NEW STANDARD

材料だけみたらパスタですよね(笑) でも、ビックリするくらいおいしいラーメンに仕上がりました。料理する人でもなかなか、イチからつくるのは難しいクオリティのスープに仕上がっています。

スープパスタっぽい雰囲気だけど、そこはいい具合に縮れた中華麺を使うことで、きちんとラーメンに落ちますからご安心!

<材料>

・袋めん:中華麺(中太から太麺がおすすめ)

・ペペロンチーノシーズニング:1袋(1食分)
・ケチャップ:40g
・顆粒だし:4g
・塩:小さじ1
・水:300ml
・EXヴァージン・オリーブオイル:適量

・夏野菜:お好みで
・バジル:適量

<つくりかた>

① 野菜を大きめにカットしておく。トマト、ナス、ズッキーニ、オクラなどがおすすめ。ナスやズッキーニは素揚げにしておく。

② フライパンでケチャップを炒めて酸味を飛ばす。水分がほどよく飛んでペースト状になるくらいが目安。時間にして2〜3分くらい。

③ 麺をゆがくためのお湯から300mlをフライパンに加え、ペペロンチーノシーズニングと顆粒だしを加えてなじませる。これでスープの完成。

④ 麺を茹で上げ、スープと麺を丼に移し、カットした野菜を盛りつけたらEXヴァージン・オリーブオイルをひとまわし。最後にバジルの葉を適量ちぎって飾れば完成。

夏野菜ならどんなものでもスープとマッチします。ミネストローネのような感覚で飲めるスープに仕上げていますが、お好みでチリオイルやタバスコを加えて味変を楽しんでみて!

©2020 NEW STANDARD

これからの季節は、氷を浮かべて「冷やしラーメン」にしても絶対おいしい! 冷やしの場合はお湯の量を減らして氷で濃さを調節してみてください。

Top image: © 2020 NEW STANDARD

↓↓ こっちもオイシイ! ↓↓