料理にも使えるマフィン型の活用術

お菓子づくりで重宝するマフィン型ですが、それ以外まったく出番がないなんてモッタイナイ!アイデアひとつで料理にも活かせることを、ここではこの2品で証明したいと思います。

お弁当の定番に
ベーコンエッグ

4553667302653952
©FOOD CREATIVE FACTORY

ベーコンで具を包んで仕上げる「ベーコンエッグ」です。ミニトマトを入れるのがポイント。酸味が味にメリハリを出してくれますよ。

材料:マフィン型6個分

ミニトマト(半分に切る):6個
ベーコン:12枚
オリーブオイル:適量
卵:6個
塩:適量
パルメザンチーズ:適量
粗挽き黒コショウ:適量

作り方

【1】マフィンカップにオリーブオイルを塗り、カップの縁を覆うようにベーコンを敷く。

【2】カップに卵を割り入れ、ミニトマトをのせる。

【3】塩、パルメザンチーズ、粗挽き黒コショウをふり、200℃に予熱したオーブンで15分焼いて完成。

見た目エッグタルトな
カレーパン

5450214009733120
©FOOD CREATIVE FACTORY

食パンを外皮にカレーを流し入れてつくるカレーパン。しゃぱしゃぱカレーでは水っぽい仕上がりになってしまうので、ここはバッチリとろみのあるカレーにするか、しゃぱしゃぱでも片栗粉でとろみ付けしてから流し入れましょう。

材料:マフィン型6個分

食パン(8枚切り):6枚
ゆで卵(粗みじん切り):2個
カレー:100g
オリーブオイル:適量
ピザ用チーズ:30g

作り方

【1】食パンは耳を切り落として、めん棒で厚さ5mmほどに伸ばし、マフィンカップの大きさに合わせて切る。

【2】マフィンカップにオリーブオイルを塗り、食パンをしいてゆで卵、カレー、ピザ用チーズを入れ、200度に予熱したオーブンで13分焼けばできあがり。

どちらのレシピもオーブンの代わりにオーブントースターを使ってもOK!表面に焼き色がついてきたらアルミホイルをかぶせてください。

Top image: © FOOD CREATIVE FACTORY
Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
ランチをお弁当にしたい! そう考えている人は多いと思いますが、なかなかハードルが高い。なんせ手際よく何品もおかずを作るのは大変です。そんなときに便利なのが...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
マフィンやフレンチトースト、チョコブラウニー。いまや、マグカップで作るスイーツは誰もが知るところ。でもこの動画、グラノーラやなんとピザまで、すべてマグカッ...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
カナダのYouTuberであるDaniel Tillotsonさんが、「これまでにやった1番バカなこと」と言いながらシェアをしていた動画の紹介です。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
最近見つけたストーブ「Aquaforno Ⅱ」。これ、とっても多機能なんです!肉を焼くのはもちろん、ピザもつくれる焼き窯もあるんですよ。他にも便利な機能が...
乾燥して固くなってしまったバゲットをどうするべきか、こんな検索をした経験ありませんか。イタリアの家庭料理から、固くなったパンのステキな活用術を紹介します。...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
素材の持ち味を逃さず、しかも柔らかく仕上がると、いま話題の調理法に“真空調理”があります。材料に応じた時間と温度設定で真空状態にしたお肉などを加熱していく...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。