料理がもっとラクになる「チーズおろし器」の活用術

料理を生業とするプロの視点から、みなさんにぜひオススメしたいキッチンツールがあります。

それが「チーズおろし器(チーズグレーター)」。専用のおろし器なんてなくたって、と思うかもしれません。それはチーズだけをおろしているから。この道具が持つポテンシャルは、そんなもんじゃありませんよ。

野菜だって、おろす。

©FOOD CREATIVE FACTORY

例えばこちらのパスタ。注目して欲しいのは上にかかっているパウダー状のチーズではなく、麺のほう。じつは麺を使う代わりにすべて野菜を細長くカットしているんです。そうチーズおろし器を使って。

ズッキーニ1本と大根(100g)をおろし器で削って湯通しします。これをボウルに入れて、オリーブオイル(大さじ1)、おろしニンニク(大さじ1/3)、塩コショウを少々。よく混ぜ合わせてお皿に盛り付けます。最後にパルメザンチーズと粗挽き黒コショウをふって完成です。

©FOOD CREATIVE FACTORY

同様にこちらはサラダをつくりました。キャロットラペなど包丁ではめんどうな千切りもチーズおろし器を使えば楽チンですよ。

まずは、きゅうり2分の1本とニンジン(1/3本)をチーズおろし器で削ります。ボウルの中で、マヨネーズ(大さじ1/2)、ミックスナッツ(10g程度)、レモン果汁(小さじ1)あとは塩コショウで味を調えればできあがり。

Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY