むしろ、頭と殻の方が重要だったりする「極上エビソース」

揚げてよし、茹でてよし、生でよし。いろんな料理に用いられるエビですが、頭とむいた殻ってどうしてますか?

わりと捨ててるって人も多いんじゃないでしょうか。そんなモッタイナイことは、もう終わりにしましょう。極上のソースに生まれ変わるんですから。

クリーミーに香る
「アメリケーヌ・ソース」

「アメリケーヌ・ソース」とは、フレンチで使われる魚介の風味たっぷりのソースのこと。本来はオマールエビの殻とミソを使いますが、手頃に入手できるブラックタイガーでも代用が可能。有頭エビであればベスト、もちろん殻だけでも作ることができますよ。

 

<材料:2人分>
エビの殻、頭(あれば):10尾分
コニャック:大さじ1
タマネギ:1/2個
にんじん:1/3本
にんにく:1片
トマト:1/2個
八角(パウダー):少々
オリーブオイル:大さじ2
白ワイン:100cc
水:200cc
生クリーム:大さじ1
バター:10g
塩:適量

 

<作りかた>
1)フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、強火でエビの殻の水分を飛ばしながら焦げないように強めに色づくまで炒める。

2)手で潰せるほど炒めたらコニャックを加え火を止める。

3)タマネギはスライスし、にんじんも半月切りにスライスする。

4)鍋に残りのオリーブオイル大さじ1とにんにくを入れ、香りを出す。

5)3を加え、しんなりするまで炒めたら2と八角とざく切りにしたトマトを加える。

6)エビの殻を炒めたフライパンに白ワインを入れて沸かし、5に加え、弱火で加熱する。

7)煮詰まったら水を加え沸騰させる。火を弱めて10分煮出す。

8)ザルで7を漉し、上から麺棒などで押し付けて水分を絞り出す。

9)生クリームを加え一煮立ちしたらバターを加えとろみがでるまで混ぜ、塩で味を調えできあがり。

肝心なのは使い方。おすすめはパスタソースとしての活用法です。クリーミーな口当たりにふんわりと鼻を抜けていく香りが最高。

あるいは鶏肉など、あっさりめの肉のソテーにかけたり、茹でたエビにかけるのも風味が増しておいしいですよ。

ミートソースのおいしさを引き出すカギは「ひき肉」。ほんの一手間で格段においしくなります。
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
市販のトマトソースだって少しアレンジを加えただけで、もっと魅力的に、フレッシュにいただけるのです。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
ヤンニョムチキンの変化系がコレ。アメリカンな味のランチソースを投入すれば、こりゃもう、東洋と西洋のジャンクフードコラボです!
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
デミグラスソース、トマトソース、和風ソース…ハンバーグの定番ソースといえばこんなところでしょうか。でもね、肉汁あふれるハンバーグと一緒に食べるソースは、あ...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
ジョッキに麺が入っています。衝撃!
人も食べ物も、見た目だけの情報で思い込んで決めつけてしまいがちな私たち。けれど、ファーストインプレッションだけでは得られない一面やストーリーが、そこにはあ...
玉ねぎ、セロリ、人にんじんを、それぞれ2:1:1の割合で、にんにくとたっぷりのオリーブオイルで炒め煮にしていくだけ。プロはこの材料で1時間〜1時間半ほど弱...
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
パセリが主役を張れるレベルの食材であることを実感できます。
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
生野菜のディップとしても使えますし、サラダに揉み込むのもOK。ローストした野菜や豆腐、それからチキンと合わせていただくのも◎。