刺繍だって、3次元の時代です。

テクノロジーが発達し続けている今日。
イラレの操作スキルがあれば、大概なんでもリアルに再現できてしまいますが、もっと身近な「針」と「糸」で、それを叶えているアーティストがいます。

まずは、こちらをご覧ください。

細かな泡まで、立体的に

6286521686556672

「んっ?」ってなりませんでした?

そう、こちら、コーヒーの小さな気泡から光の加減で白っぽくみえる部分まで、刺繍の技術で再現しているのです。そしてお気づきのとおり、注がれている部分もそう。

刺繍といえど、3Dなのです。

そのほかには、こんなものもあります。

639695281192960064508005617500166074633501540352

飛び出す絵本のようなこれらの作品を手がけるのは、日本人刺繍画家ipnot(イプノット)さん。

「フレンチノット」という、針に糸を巻きつけて縫う玉留めのような縫い方で作られており、その小さな玉を点描画のように敷き詰めて描いているそう。
独自の着眼点で描かれているユニークな作風について、

一粒ずつ重ねていくたびに表情が変わるフレンチノット刺繍が楽しくて。
インスピレーションに任せて縫いたいものを自由に刺繍しています。

と語っています。

ネットでもTVでも、「デジタル」というワードが溢れかえっている時代だからこそ、人工知能にはない、人間らしい自由な発想から生まれる作品の温かさに魅了されるのでしょう。

一点もので差をつけたい

ロボットによる量産ではなくハンドメイドならではのオンリーワン。
僕の場合は、去年いっぱい買ってしまった白のビッグTシャツに、ぜひこの刺繍をワンポイントでつけたいって思いました。
ところが残念なことに、今は制作に集中されているため販売はしていないそう。
今後手に入ることを願って、ipnotさんのインスタをフォローしよっと。

 

最後に、恵方巻きを食べ損ねたあなたにこの動画をお届け!

ipnotさん(@ipnot)がシェアした投稿 -

Licensed material used with permission by ipnot, (Instagram)
命を宿す、ママだけの特別な時間。愛情と優しさを縫い込んだこの「刺繍」を、0歳のキミに送るよ。
その白い壁に、色鮮やかな「刺繍」はいかが?
ロシアで活躍する刺繍作家のKrista Decorは、動物や植物をモチーフにした数々の作品を生み出している。モチーフとなるものと天然石やビーズなど一つひと...
とあるバス停に設置されているこちらの公衆ベンチ、刺繍が編まれてる!珍しいですよね。たまたま通りがかった通行人がその画像をSNSに投稿したところ、瞬く間に拡...
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
マンハッタンにある高級住宅「Kips Bay Decorator Show House」では、毎年、いろんなアーティストが集まって、展示会を開催しています。
刺繍アーティストのDanielle Cloughが作品を編みこむキャンバスとして選んだのは、なんとビンテージ品のテニスラケット!ガットに糸を通してカラフル...
シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かりま...
人生は「食べること」と「芸術活動」だそうです。
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
チュール生地や刺繍など見た目からして、やわらかさを感じるドレスで女性のカラダを包み込む。「Paolo Sebastian」がInstagramで公開した写...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
旅の思い出を記録に残す方法は写真や動画が一般的。それ以外では、せいぜいスケッチといったところですよね?でも、ファッションデザイナーのTERESA LIM氏...
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
あなたはこの乳房をみて、どう思いますか?
刺繍のように細かくて複雑なんだけど、どっしりとした迫力があります。一枚一枚を手で丁寧に加工して完成した肖像画は、ペーパーアーティストとして活躍するYuli...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
丁寧に暮らす。テクノロジーに頼りすぎない生活のよさが改めて感じられそうです。
従来のように「画用紙にペン」で絵を描くのと同じようにPCモニタに思いのままにスケッチしていく。今じゃこんなことも当たり前の時代、は数年前から到来していまし...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
レストランの入り口でよく見かける「食品サンプル」。本物みたいな出来にビックリすることも多いですが、「サンプル」なので、当然食べられません。ところが、今回ご...
フォトグラファー・Derrick Linさんは、オフィスで働いく日々の「あるある」を、ミニチュアの世界で表現しています。中身のない定例ミーティングが億劫だ...