自転車通勤がラクになる
ハメるだけの「電動アシストツール」

自転車選びを左右する、電動アシスト付きかどうか問題。悩みどころなのですが……ニューヨークのスタートアップが開発した「CLIP」が解決してくれます。

これは、取り外しできる自転車の電動アシストツール。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。サイクリストにとっては、通勤やツーリングのシーンで使い分けできるからうれしいですよね。重さは1.7kgと、持ち運びには困りません。自転車に付けたままで盗難される心配もなしです。

クラウドファンディングで資金調達に成功した「CLIP」。今年12月に限定50個を出荷予定。幅広い自転車ユーザーにヒットしそうなアイテムです。

Top image: © CLIP.BIKE Inc 2019
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が近づき注目度が高まる「BMX」。その車両に装備された特殊なパーツの正体とは?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに採用が決定したBMX。その車両のブレーキがママチャリとは反対の「右が後輪、左が前輪」の理由とは?
SOPH ONLINE STOREでみつけた「ファン付きパーカ」。爽快な着用感のために手元のスイッチ操作で、ファンが稼働し外気を取り入れることができます。
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
様々なタフな現場で鍛え抜かれた高機能な「家電」を厳選してご紹介! 「京セラ」「HiKOKI」「マキタ」など注目メーカーのギア&アイテムが満載です。
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
オーストラリアから驚きのニュースが届きました。茂みの中を散歩していた親子が手のひらサイズの「金の塊」を発見したというもの。しかもその価値、日本円で約265...
スニーカーのアッパーを取っ払って、そのまんま履けるようにした、大胆なシューズがこの「Link」。
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
アウトドアアクティビティのひとつとして数えられるまでになった「焚き火」の「着火」に関連する話題&注目のアイテムを厳選してご紹介! 「ファイヤーサイド」「ロ...
2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づき、ますます注目度を上げている「BMX」。そんなBMXのブレーキレバーにまつわる疑問にお答えします。
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
アウトドアの大きくて重い荷物を運ぶなら「背負子(しょいこ)」がオススメ! モンベルからミステリーランチまで、オシャレで使える「背負子」を厳選してご紹介します。
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
荷物運び用から焚き火用まで、用途に応じて様々なモデルがラインナップされているアウトドア用グローブ。「アウトドアリサーチ」や「ペトロマックス」など、こだわり...
シュラフや専用マクラ、スリーピングマットなど、外遊びの疲れを癒してくれるアウトドア用スリーピングギアを厳選してご紹介。「ZEROGRAM」「サーマレスト」...
ニューヨーク大学の研究チームが、ダイバーのために水中で使えるテントを開発しました。
どんな自転車でも電動アシスト仕様に変えてしまえる、魔法のようなホイールが開発され、いよいよ商品化決定というニュースがアメリカから届きました。自転車業界に革...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
「Ampler Hawk」の見た目に驚かされた。「Ampler Bikes」によれば、その重さは14kg。出力は250W。最大時速35kmまでアシスト可能...
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...