地球を襲うゴミの隕石......危機感をあおる「IKEA」のCM

イギリスの「IKEA」地球のために、そして自分の心の健康のためにも、 “frugal(質素)”に過ごすことを訴えたCMがこちら。

© IKEA UK/YouTube

気候変動を回避するには「もう時間がない」と危機を伝えるニュースキャスター。その言葉を遮るように、女の子が昔ながらのラジカセで“再生”ボタンを押す。

すると人々の行動によって、地球をめがけて落ちてくるゴミの隕石に変化が起こる──

野菜を自家栽培すると、市販の瓶が砕かれ、

省エネのLEDランプを取り付けると、白熱電球が粉々に。

自然乾燥ををすることで、乾燥機が破壊され、

タンブラーの使用で、紙コップやボトルが消える。

やがて、巨大な隕石がたちまち空中分解され、地球に落ちるのはたった一本のペットボトルのみ。

数々のサステイナブルな製品を展開しているIKEAは、このように「日常の行動を地球に優しいものに置き換えれば、まだ間に合うかもしれない」というメッセージを込めているのだろう。

先月紹介した「パタゴニア」の広告同様に、サステイナブルな社会の実現を呼びかける企業が急増している印象だ。

サステイナブル初心者の方は、2021年おすすめのアイテムをご参照あれ!

Top image: © iStock.com/chaiyapruek2520
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

これまでにも何度も展開され話題となった「IKEA」のPRキャンペーン「Wonderful Everyday」。新作動画のテーマは「クリスマス」。
サステイナブル建築でオープンしたイギリス・グリニッジのIKEA。彼らとしては、お客さんにも環境問題を意識してほしいみたいです。ということで、ユニークな看板...
クリスマスシーズンといえば、愉快なBGMが流れる心が温かくなるようなCMが定番だが、ロシアの「IKEA」が現在公開中のクリスマスCMはちょっと変わっている...
現在、「イケア・ジャパン」の公式アプリ内では「サステイナビリティ・キャンペーン」を開催中。ダウンロードするだけでプラントベースソフトアイスのデジタルクーポ...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
僕らの日常にちょうどいい━━。そういう感覚でつき合える「IKEA」を集めてみました。
IKEAでウォッチすべきは、インテリアだけにあらず。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...