数あるビールの中で、「なぜパーティーではコロナなのか?」

お酒はもっぱらビール派。

そんなことを周りにアピールしていたら、8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。会場は夕日がきれいに見える都内某所。

その名も「CORONA CATCH THE SUNSET」。

レクリエーションに興じたり、DJによる音楽に酔いしれたり、バーベキュー料理に食らいついたり、仲間と会話で盛り上がったり、各々にリラックスタイムを味わう。もちろん中心にあるのはコロナビール――そんな時間を楽しみながら、こんなことを考えてました。

「コロナって……」

©アンハイザーブッシュインベブ・ジャパン

まずね、瓶っていうのがポイントです。今更ですが……。

人が集まるシーンで、片手にビール瓶。

缶とはまったく違った雰囲気になります。フォトジェニックとか、そういう画的なところに加えて、手にして飲んでいる人の気分やテンションまでを含めた雰囲気――演出するには、やっぱ缶より瓶だな、と。

ダメ押しがライム(時々レモン)です。

コイツをさしこんだ状態のコロナは、もはや飲料ではなく、場を盛り上げるパーティーグッズ。職業柄、いろんな集まりに参加する機会がありますが、「コロナがあるか、ないか」もっと言えば「そこにライムがさされているか、ないか」は、パーティーにおける大きな分かれ道。それぐらい、場を左右するパワーを持ってます。

で、テイスト。

ビール党もいろんな派閥がありますが、特定のシーンにおいては誰もがコロナ派に寝返るほど、個性がはっきりしています。

クセがなく、さっぱり。

わかりやすいところで言えば、海や山などのアウトドアシーン。開放感にマッチするのがコロナのストロングポイントだと思うので、仕事の打ち上げとか、ランニングの後とか、仲間とワイワイとか、“シティユース”もイケる。

サンセット×コロナ、これは新発見!

さて、コロナに対する妄想はここまで。

今回参加させてもらった「CORONA CATCH THE SUNSET」では、夕日とコロナもマッチするってことを新たに発見しました。

生演奏をバックにのんびり、黄昏ながらコロナ。最高です。

©アンハイザーブッシュインベブ・ジャパン
©アンハイザーブッシュインベブ・ジャパン
©アンハイザーブッシュインベブ・ジャパン
©アンハイザーブッシュインベブ・ジャパン
©アンハイザーブッシュインベブ・ジャパン
Top image: © アンハイザーブッシュインベブ・ジャパン
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
クラフトビールの定期配送サービス「ふたりのみ」は、新型コロナウイルスショックにより苦境に立たされているブルワリーを応援・支援するキャンペーンを実施。
グローバルビールブランド「コロナ エキストラ」が、ブランドメッセージ「THIS IS LIVING」を体現した映像をリリースしました。いま、世界の人々に、...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
食品ベンチャー企業「ウェルナス」が、世界で初めて「ナス」の睡眠改善効果を臨床試験で確認した。これは関与成分である「ナス由来コリンエステル」が、自律神経調に...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
1杯300円からクラフトビールが楽しめる国内最大級のクラフトビールイベント「大江戸ビール祭り2020夏」が7月22日~7月26日、7月29日~8月2日、東...
オーストラリアでは、新型コロナウイルスによるロックダウンでバーとレストランが3月に休業。その影響で、醸造所には売れ残った古いビールの在庫の山が。そこで、南...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
キャンプでも、屋外パーティーでも、みんなで集まって飲む機会が増える夏。そんなときに最高に盛り上がるビールがこちら。
「ナイキ」が、ランナーが怪我をせず速くなることをサポートするランニングシューズの新作を今月、来月と続けてリリース。
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
6月4日より全国のIKEAストアで低アルコールクラフトビールが発売された。ストックホルムで人気のブルワリー「Omnipollo(オムニポロ)」の人気ビール4種。
今、世界中のクラフトビールファンを熱狂させる「The Veil」が、待望の日本初上陸。
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
「水で洗って何度も使えるノート」が、新たな進化を遂げた。メモすることのハードルを徹底的に下げたデジタル時代の革新的ノートが完成した。
「ルイ・ヴィトン」のアンバサダーにこの人が就任!
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
新型コロナウイルスの流行によって注目されている考え方「ソーシャルバブル」です。Withコロナが当たり前になっていくこれからの時代、ソーシャルバブルはスタン...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
イギリスで、ケロッグがブリュワリーとコラボしました。生まれたのは、「Throw Away IPA」と名付けられたビールです。廃棄されるはずだったコーンフレ...