音声操作

当たり前のように、「ググる=検索する」と認知されているこのご時世。文字を打ち込む一般的なものはもちろん、最近では、音声認識による検索もポピュラーなものにな...
「Kleverness」は、部屋の電気のスイッチや調光器、プラグを、“音声操作”で一括コントロールできるスマート家電です。セットは簡単で、専用の製品に取り...
私が知る限り、ユーザーの言葉を認識して、言われたことに対してキチンと操作・実行するというのが音声アシスタントのイメージ。なのに、B-Reelが開発した「S...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
まるで魔法使いになったかのよう!…とは言いすぎかもしれませんが、近未来を感じるのは確か。以下たった2枚のGifアニメだけで、その便利さをある程度理解しても...
6月29日、米「カリフォルニア大学」のロサンゼルス校の研究チームが、アメリカ手話(ASL)を読み取り、リアルタイムで音声変換するデバイスを開発したと発表。...
iOSにて「音声ツイート」が可能になったと、6月17日にTwitter社公式ブログにて発表された。1ツイート内で録音できるのは140秒間。文字では表せない...
2016年4月5日、マーク・ザッカーバーグが自身のアカウントでその詳細を紹介しました。発表によると、人工知能(AI)がフィードに表示された画像を認識して、...
選りすぐりの3アイテムをご紹介。
“次世代型”ともいわれるほど高い機能を備えたアナル用のバイブレーションです。
2015年11月14日、マーク・ザッカーバーグCEOがFacebookの新機能を自身のフィードで発表しました。「360°動画」を投稿することができるように...
本や新聞などに書かれている文章はもちろん、表札や看板の表示、目の前にいる友人、洋服の色、貨幣の金額、時計の時刻、商品のバーコードを理解して音声案内します。
「J-WAVE」により設立された新会社「JAVE」は、今月7日より、デジタル音声コンテンツ配信サービス「SPINEAR」のβ版日本サービスの提供を開始。音...
新型コロナウイルスによる影響で一時開催を中断していたイングランドのプレミアリーグ。6月17日から無観客で試合が再開されるようだが、臨場感を出すための演出と...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
外務省の報告によれば、2015年1月ブラジルにおけるデング熱の感染者数はサンパウロ州だけで17,612人。前年度とくらべて8倍以上に増加したこともあり、州...
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
「Twitter」は先月、メディアが意図的に誤解を招いていると判断した場合に「Manipulated media(操作されたメディア)」というタグをつける...
Reach Robotics社が製作したのは、ARを使ったゲーム「MekaMon」。カニのようなロボットを、スマホアプリから操作して、対戦を楽しむことがで...
本田圭佑がCEOを務める「Now Do株式会社」とインターネットスポーツメディア「SPORTS BULL」を運営する「株式会社運動通信社」が、日本を代表す...