メイソンジャーに太陽を集めたら、やさしいライトが出来上がりました。

サラダを入れてランチに、はたまた小物を入れたり。1つあったら大活躍のメイソンジャーに、新しい用途が生まれちゃいました。

ほっこり、やさしいあかり

ほっこりな気持ちにしてくれそうな明るさは4,000ケルビン。本が読めるくらいなのだそう。2つあると、もうちゃんとした照明ですよね。

デザイン賞も取ったシンプル美

名前は「Consol Solar Jar」。南アフリカの電気が通っていない地域で手作りされています。これまでに70万個売れていて、地元に住む約50人へ仕事の場も提供。社会貢献にもつながっているという素敵なアイテムです。

蓋に埋め込まれている太陽電池パネルで充電する仕組みで、内部には4つのLEDライトが。フル充電で6〜9時間点灯します。

持ち運びできるので、夜ベランダでのんびりな時やベッドルームの明かりとしても。はたまたBBQなどアウトドアにも連れて行けます。もちろん中にドライフルーツや花などを入れてもかわいい♡お値段は39.8ドル(約4,210円)。残念なことに、現在日本へ発送はしていないのですが、ぜひ販路を広げてほしい!

Licensed material used with permission by Consol Solar Jar™ Support
自然欠乏症候群。本来は、子どもたちが自然に触れる機会が少ないために起こってしまう、不眠などの症状を表します。とは言っても、大人にも当てはまるような気がしま...
空に昇る太陽をイメージしたライト「Ra Lamp」は、0度から90度にかけて徐々に明るくなる仕組み。自分の体の動きに合わせて明かりを調節できるので、ベッド...
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
「SONNENGLAS(ソネングラス)」というメイソンジャーをつかったライトです。いろいろと周辺情報が多いプロダクトなので、まとめてみました。
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
自動車の中に常備しておくライトとして、とても頼もしい。
「Wakē v2」は、アラーム付きのスマートライト。アラーム音は、起きたい人だけ聞くことができる優れもの。パートナーと迎える朝が、より穏やかなものになりそう。
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
アメリカの「Ben & Jerry's」からワンコ用のアイスが登場!
スマホサイズのコンパクトさ。太陽光で充電できるため、コードレスですっきり。こんな間接照明、待ってた人も多いのでは?この「Ellum Solar」は、なんと...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
モンゴルの伝統技法で生産された天然ウール100%のあったか「ルームシューズ」が発売中。
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
パソコンの上部にかけるだけで、充分な照明で目を楽にし、作業をサポートしてくれるデスクライト「ON」。周辺の明るさを感知して、10段階の明るさの調整と8段階...
そんな光の波紋をずっと見ていたい。という気持ちに応えるルームライト。
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
シーリングライトでありながら、プロジェクターとワイヤレススピーカーの機能を備える「popIn Aladdin」の後継機が登場。フルHDに対応し、調光や調色...
照明からスピーカーまで、これまでさまざまな“雲”を世に送り出し、その度に注目を集めてきた「Richard Clarkson Studio」。そんな彼らが最...