メイソンジャーに太陽を集めたら、やさしいライトが出来上がりました。

サラダを入れてランチに、はたまた小物を入れたり。1つあったら大活躍のメイソンジャーに、新しい用途が生まれちゃいました。

ほっこり、やさしいあかり

40a335af3de26f92d32aad261263f22d0722fa963323325275a9c9d393202b1a88b004a597948b6a4d98ded9889cf09ce5989a6ed515ca617a30dab0

ほっこりな気持ちにしてくれそうな明るさは4,000ケルビン。本が読めるくらいなのだそう。2つあると、もうちゃんとした照明ですよね。

デザイン賞も取ったシンプル美

C8c4d3c662845c5f9ccd44da428a6535701bba37

名前は「Consol Solar Jar」。南アフリカの電気が通っていない地域で手作りされています。これまでに70万個売れていて、地元に住む約50人へ仕事の場も提供。社会貢献にもつながっているという素敵なアイテムです。

蓋に埋め込まれている太陽電池パネルで充電する仕組みで、内部には4つのLEDライトが。フル充電で6〜9時間点灯します。

持ち運びできるので、夜ベランダでのんびりな時やベッドルームの明かりとしても。はたまたBBQなどアウトドアにも連れて行けます。もちろん中にドライフルーツや花などを入れてもかわいい♡お値段は39.8ドル(約4,210円)。残念なことに、現在日本へ発送はしていないのですが、ぜひ販路を広げてほしい!

Licensed material used with permission by Consol Solar Jar™ Support
空に昇る太陽をイメージしたライト「Ra Lamp」は、0度から90度にかけて徐々に明るくなる仕組み。自分の体の動きに合わせて明かりを調節できるので、ベッド...
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
「SONNENGLAS(ソネングラス)」というメイソンジャーをつかったライトです。いろいろと周辺情報が多いプロダクトなので、まとめてみました。
スマホサイズのコンパクトさ。太陽光で充電できるため、コードレスですっきり。こんな間接照明、待ってた人も多いのでは?この「Ellum Solar」は、なんと...
〈Zpacks〉のポーチはアウトドアシーンにおける近年の潮流であるウルトラライトなアイテムです。手に取った感覚がまるで紙風船のよう。
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
いざって時にライトニングケーブルがない! そんな事態に陥ったことが、iPhoneユーザーであれば誰もがあるはず。万全を期すなら、自宅用・車内用・持ち歩き用...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
自転車用ライト「See.Sense ACE」には、AIが搭載されていて、後ろから来た車のライトに反応して、光るパターンを変えてくれるそうです。これがあれば...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
ブルックリンで、ありそうでなかったテラリウムを見つけました。ガラス内のグリーンをふんわり照らす「照明付テラリウム」です。NYを拠点に活動するRichard...
ただ壁にかけられた状態ではよく分からない三角のオブジェですが、スイッチをオンにすることで、完成します。なんだかとてもファンタジーですね。このように、羽を広...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
139ユーロ(約1万8千円)で資金調達中の「COVI」は、音声操作機能を搭載したデスクライト。話しかけるだけで、点いたり、消えたり、音楽を流したり、質問に...
ブラックライトって何?を簡単に説明すると「クラブやパーティーなどのナイトシーンで、よく見かける紫色の光」だ。白い服を着ていると、ひかって見えるのはコイツの...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...