氷なしで保冷できてしまう、折りたたみ式クーラーボックス

キャンプやバーべキューなど、アウトドアシーンで欠かせないクーラーボックス。ありがたい存在だけれど重いしかさばるのが難点。使用の際は氷も準備しなきゃいけないし……。でも、これらの課題を解決するクーラーボックス、見つけちゃいました。「Fenik Yuma 60L」です!

まず特筆すべきは折りたたみ式という点。たたんだ状態であれば厚さはたったの12cm。持ち運びがとっても楽になるし、収納でかさばることもありません。

そして、肝心な保冷についてです。

実はこのクーラーボックス。組み立てた後、氷を入れなくても注水口に水を注ぐだけでOK。内装と外装の間に溜まった水は、中に入れられた食材などの熱を吸収し、蒸気となり素材の穴を抜けて外に放出されます。これにより、ボックス内の温度を外気より最大で20℃ほど低く保つことが可能です。

シンプルさとエコを極めているところがアウトドアにうってつけです。もう冬が近づいてきてしまいましたが、来年のためにもアウトドア好きならひとつは買っておいて損はないでしょう!

Top image: © 2018 Evaptainers LLC
他の記事を見る
夏のアウトドアに欠かせない「ドリンククーラー」を、機能とルックス、そしてソロキャンプやちょっとした外出にも役立つ手頃なサイズ感から厳選して5アイテムをご紹介!
このクーラーボックスなら、アウトドアでスムージーも作れて、音楽も流せちゃいます。しかも、その他にも便利な機能が盛りだくさん。驚きの機能はこちら。01.ミキ...
〈YETI COOLERS(イエティクーラーズ)〉の「タンドラ」はハイスペックなクーラーボックスとして人気。加えて、室内にレイアウトしてもインテリアとして...
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
近年、“映え”目的のインスタグラマーやオールインクルーシブのパッケージツアーで参加する人が増えているそうです。
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
ファーウェイの折りたたみスマホが話題になっていますが、個人的にはコッチの方を早く製品化してほしい!イギリスを拠点に置くデザイナーが考案しているブレスレット...
キャンプやBBQなどのアウトドアでは、暑さだって醍醐味のひとつ。そういう考え方の人もいるかもしれない。でも、現実的な話をすれば、やっぱり涼しいほうが嬉しい...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
氷を歯で砕くのがあんまり好きじゃない人でも、このソフトタイプの氷なら噛み砕きたくなるはず!しかも溶けにくいから最高です。
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
ここに紹介するのはイタリア製の折りたたみ傘「Kjaro」。濡れたまま傘をカバーに入れる、下のタンクをちょいとひねると傘についた「水」がシャッと出てくる。雨...
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
食べ過ぎたりやりすぎると“致死量”に達してしまう可能性がある、身近な食べ物や行いを説明している動画を紹介。「そもそもこんなの現実的じゃない」と思うものから...
2015年からニューヨーク州で年に一度行われているイベント「LUMA」。目玉となっているのはプロジェクションマッピング。街の市役所や裁判所の建物に投影され...
中央アジア・ウズベキスタンやトルクメニスタンを15日間かけてまわるフォトツアーにビックリ。その目玉スポットがスゴいんです。
普通に考えれば、冬に泊まる宿は暖かいほうがイイに決まってます。それでもあえて、極寒体験を売りにしているホテルがこちら。北欧などではよく見かけるアイスホテル...