コンパクトな「折りたたみ式カヌー」は折り紙をヒントにつくられたもの

カヌーやカヤックといった水辺のレジャーツールには、サイズや保管場所の問題が常にありました。でも、フォールディングタイプの登場で、こうした問題が徐々に解消。なかでも、この折りたたみ式カヌー「そんなにたたんで大丈夫?」と、逆に心配になっちゃうほどコンパクトなんです。

バラしてたたんで
キャスターで移動できるカヌー

D320852845a4c1a805074b030bb5f2b680a87a75

この写真だけ見れば、大道芸のパフォーマーか、ミュージシャンか。キャスターをゴロゴロ引きながら、まさか彼がこれから運河をカヌーで下ろうとは、なかなか想像もつかないはずです。何が言いたいかって、アウトドア感ゼロ。でも、彼がキャスターで引いているものこそカヌーそのものなんです。

Cfd3bda3a782f5dbf427f4397db91d568221a835B285457fb6e9f0911aa77bc316c1c59b8c48f044

組み立てに不慣れな人でもかかる時間は、おおよそ10分。

船体を形成させている黒いストラップを緩めれば、カヌーはただの一枚のシートに。今度はこれを左右から内側にパタパタ折り込んでいき、最後は付属のキャスターに乗せるだけ。パドルや細かなパーツはすべて内側に入れてしまえば、基本このキャスター1台だけ持ってさえ行けば、どこへでもカヌーを連れて遊びに出かけられるという具合です。

折り紙の船のイメージを
カタチに再現

D6d705bb60326916c0cf0bb2d70dec25636ff08bD779b463b595b6795fc67dcf9ad2abf9c8bc8a74

材質はタッパーやクリアケースなどに使われる、ポリプロピレンをベースに独自に開発したハニカム構造の 「Curv™」。パタパタと折り込んでも割れたり傷がつかず、万一パドリングの最中、岩場に激突しても水が漏れてこないだけの強度がある、とこのカヌー「ONAK」の開発メーカーは強調します。

そもそも、折りたたんで持ち運びできるカヌーは、日本の「折り紙」から発想を得たと開発者(Otto Van De Steeneさんとhomas Weynさん)。折り紙の船を数百通りも形作り、そこから15のプロトタイプを実際に人が乗る大きさでつくり、水上で浮力実験をしたそうですよ。

コンパクトにたためるだけでなく、折り目(山折り、谷折り)通りに何度でも形成できるインスピレーションが、折り紙から来ているなんて、ちょっと親近感が湧いてしまいますよね。

キャスター付きだから
電車でも持ち運びOK

90c1ebea0920c838f6360f688bcc27461e34483aB296c35f8eddfe00f7a6ce211181becc06104bc6

それこそ、スーツケースをガラガラと引っぱる感覚で電車に乗せて移動したり、行きは電車、帰りはカヌーを組み立て、のんびり運河や川を下って帰ってくる。本格アウトドア仕様というよりかは、優雅な街乗り感覚で水辺のレジャーを楽しむ人向けのONAK。

そもそも、オランダに隣接するベルギー北部も運河が市内をめぐる街が多く、そういった地理的背景も、移動も楽々、フォールディングタイプのカヌー開発に影響しているんでしょうね。

ちなみにカヌー自体の全長は485センチ、幅85センチですが、折りたためば120センチ × 40センチにまで小さくなり、重さも17キロと女性でもらくらく運べるうれしい仕様。

4ccba0ca07e99e278d9c5ab20cfafc3e534f3296

すでにクラウドファンディングで潤沢な資金を手にし、クッション材やパーツのアップグレードも叶ったよう。サイトでは、1セット1,295ユーロ(約14万7,000円)で注文を受け付けており、世界どこへでも発送してくれるようですよ。

車の屋根に逆さに積むほどのカヌーイストではないにせよ、荷台に積んでさえおけば、水辺のレジャーもいっそう盛り上がること間違いなし!

Licensed material used with permission by ONAK
その名も「Oru Kayak 」…折るかやっく?まるで「折り紙」みたいですが、やっぱりそこから着想を得ているのだとか。移動が楽チンに!「折りたたみ式カヤッ...
自宅のガレージでカヌーを作りあげてしまったのは、オレゴン州在住のAdam Koekkoek。その制作技術は、もはやプロフェッショナルの領域に達しているよう...
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
ここに紹介するのはイタリア製の折りたたみ傘「Kjaro」。濡れたまま傘をカバーに入れる、下のタンクをちょいとひねると傘についた「水」がシャッと出てくる。雨...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
春が近づき、本格的な行楽シーズンは目の前。ポカポカ陽気の中、公園に出かけたり、花見やフェスの予定を立てたり…気温とともに気分も上がってきますよね。そんなち...
ハーバード大学とMITの研究所が協力をして、新たなソフトロボティック人工筋肉を開発しました。その構造にインスピレーションを与えたのは、日本の「折り紙」でした。
アウトドアといえば、自然の空気と一緒に楽しむBBQが醍醐味。でも、道具の準備などを考えるとちょっと手間。三重県にある「伊勢志摩エバーグレイズ」では、広々と...
使うときだけフックが現れる。「Köllen Bookshelf」。普段は平面の状態にしておけるから、見た目もスッキリ。
車椅子などの理由で振袖や袴を着られない人々のため、特殊な簡易着物を提供している「明日櫻」。パラリンピックカヌー選手である瀬立モニカさんも、成人式でこちらの...
患者の負担を軽減するために、傷を最小限に抑えて施術する「低侵襲手術」。これには、頑丈であり、かつ小さな道具が必要になります。2016年3月10日にブリガム...
筋トレを日課にしている人、旅行に出かけたらいつものトレーニングメニューができなくてむずむずすることはありませんか?「Flexr」は、折りたたみ式の懸垂マシ...
ワークデスク上や洗面所に置いてもいいし、旅行やアウトドアに持っていっても便利。折りたたみ式なのでかさばらず、ステンレス製なので割れる心配もないハンドミラーです。
旅行に出ないとき、意外にかさばるのがスーツケースの収納場所。もちろん、シーズンオフの衣類を入れて保管したり用途はあるでしょう。それにしたって、あのサイズな...
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
浜松駅から徒歩10分ほどにある「肴町(さかなまち)」は、ディープに楽しめる飲食店が軒を連ねる人気のエリア。そこからさらに1本細い路地裏に入って行くと見えて...
雨の中、折りたたみ傘を使って家に到着…したはいいものの、そこからってちょっと悩ましかったり。だって、そのまま丸めて袋にしまうにはビショビショすぎるし、かと...
水面に浮かぶフローティングテント「Shoal Tent」で、より非日常を感じてみるのはどうでしょう。テント床面はゴムボートのように空気を入れて膨らませる仕...
都心から車で2時間。同じ東京都内でありながら大自然が広がる奥多摩は、気軽にアウトドアを楽しめる人気のエリア。そのフィールドへの玄関口に位置する昭島市に、ま...
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
ドイツ各地のウォータースライダーを特集しているwebサイト「Tuberides」で一際話題になっているのは、チューブの中がカラフルなLEDでビッカビカに輝...
地球上で起こる自然災害の42.9%がアジアで起き、この20年で約2,500万人以上がホームレスになっているのだそうです。この情報を知った時、何ができるかー...