どこでもピタッ、で賃貸の「壁の穴問題」を一発解消

ここにフックがあったら便利なのに……と思う場所に限って、吸盤やマグネットがつかなかったりしますよね。賃貸物件に住んでいる場合、壁に穴は空けられないし。

そんなときに便利なのが、どこにでも、なんでも貼りつけられちゃう万能マット。いまや収納は「壁」の時代です。

貼ってはがして
1000回使用

「nano MAT」は、なんでも貼れるジェルマット。肉眼ではわからないほど微小な凹凸が、あらゆる面にピッタリとフィット。壁に貼ればどこでも収納スペースになってしまう、超便利なマットなんです。

吸着力が弱くなったら、水で洗えば元通り。1000回は使えるそうです。はがしてもあとが残らないので、賃貸の部屋でも安心です。柔らかく、好きな形に切って使えるのもいいですね。

しかも環境にやさしい素材でできていて、リサイクルもできるのだとか。エコフレンドリーなつくりになっています。

3kgまでOK
垂直な壁にもピタッ!

垂直な壁に貼ることもでき、3kgまでなら支えられます。もちろん水平な場所に置いて、滑り止めとして使ってもOK。キッチンで食器の下に敷けば、揺れても落ちないちょっとした防災グッズに。車のダッシュボードにつければ、スマホや小銭などが固定できて便利そうです。

使い方は無限大
たとえば……

タブレットなども貼りつくので、壁につけてサブスクリーンとして使うこともできちゃいます。あとが残らないので、画鋲がわりにポスターや絵を貼ってもいいですよね。

デスクまわりにひとつ貼っておけば、クリップやふせんなどの細かいものの整理にもよさそう。玄関のドアにハンコや鍵をつけておいたり、使い方は工夫次第で無限大。

「ちょっと不便」の解消にもってこいの「nano MAT」、kickstarterでクラウドファウンディング中です。

Licensed material used with permission by Cling Adhesives
他の記事を見る
折りたためるのは便利だけど、友人を自宅に招いた時に、折りたたまれたベッドが部屋の片隅に鎮座していたら、なんだか恥ずかしい。たたんだ状態でも別の家具として役...
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
寝ても寝ても寝足りない。睡眠時間は十分取っているはずなのに、なんだか体がダルくてすぐ眠くなる…。ひょっとしたらそれ、「いびき」が原因かもしれません。そんな...
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
棚に隙間なく収納しようとすると、他人に見せられないくらい汚くなるし、かといってキレイに並べても隙間ができてたくさん収納できない。でも、もし中身の量に合わせ...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
フラワーデザイナーで、庭師のKim Fisher氏。彼女が手がけた壁掛けプランターが話題になっています。観葉植物を置きたいけど、部屋が狭くて置く場所に困っ...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
80年代に一世を風靡したルービックキューブ。あのイメージのまま平衡感覚を失いそうな壁掛けシェフルが登場しました。一見すると、安定感がなさそうな見た目ですが...
紹介するのは、何度も来るしつこい勧誘に疲れた人にオススメの玄関マットです。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
環境意識改革をコンセプトに掲げる〈GREEN MOTION〉の天然のコルクを使用したバスマット。乾きが早く、天然の抗菌成分のため、濡れた後は立てかけておく...
エッグ・イン・ザ・ベーグル!その名のとおりの朝食「目玉焼き in ベーグルの”穴”」です。ものすごく合理的で簡単だから、忙しい朝でもプチ豪華な朝食になりますよ。
磁気を使ってキレイにクローゼットを整理整頓する、画期的な収納アイテムが「Kickstarter」に登場。クローゼットを整然と保つことが苦手な人には、まさに...
その色のせいもあってか、どことなくBOROの魅力に近いかも。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
その白い壁に、色鮮やかな「刺繍」はいかが?
「WOLVERINE PACK」と名づけられたこのナイロンバッグ。何といっても注目すべきポイントは、素材だろう。Regenerative FuseFabr...