【実験動画】NYの人に聞いてみた。「人生で、一番後悔していることはなんですか?」

NYの町中に設置されていた黒板。赤い字でこんなメッセージが記されていました。

一番後悔していることを書いて:

この手の社会実験は、よくインターネットでも紹介されるもの。ですが、ニューヨークを歩く人々がそこに何を書いたのか、そして、書かれたことに何が共通していたのかーー。考えさせられます。

Aplus」がストレイヤー大学と共同で行なった実験動画の内容を以下に紹介します。例えば、こんな書き込みがありました。

芸術への情熱を無視してしまったこと。

愛してるって言わなかったこと。

MBAを取らなかったこと。

夢を追いかけなかったこと。

医学部への進学を諦めたこと。

黒板の前には多くの人が立ち止まりました。撮影する人もいれば、考えこむ人、書き込む人も。

他にもいろいろな後悔の念が黒板に。

連絡を取り続けなかったこと。

消極的だったこと。

父親が亡くなる前に、子どもを作らなかったこと。

役者の道を諦めたこと。

意見しなかったこと。

自分を許せなかったこと。

いい友達で居てあげられなかったこと。

こう見ると、書かれていたことには、以下の3つの共通点がありました。

・掴まなかったチャンスのこと
・言わなかったこと
・追いかけなかった夢のこと

今度はそこにあった文字をどんどん消していきます。そして、新たに書き加えられたのは…

白紙。

動画の最後に表示されたメッセージはこちら。

毎日は白紙です。やらなきゃ後悔することをやりましょう。

改めて書き込みを見ると、コメントの頭にある「NOT」を取るだけで今やるべきことと取れるものが多数あったよう。黒板でなくとも、どこかに自分が一番後悔したコトを書くことで、本当にやりたいことに気付けるのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Aplus