「ぼくの留学中、寂しくないように」。ジョークで等身大パネルを贈ったら、家族がやりたい放題!

米・テネシー州生まれのダルトン・ロスは、イギリスへ留学することになりました。そこで彼は「僕がいない間、寂しくないように」と、ジョークで家族に自分の等身大パネルを贈りつけたのです。

「リビングの隅にでも置かれて、ときどき僕のことを思い出す程度だと思ったんだ」

軽い気持ちで贈ったダルトンでしたが、予想外の結果が待ち受けていました。

なんと、家族が
パネルを連れ回し始めた

リビングの隅に置いておくどころか、本人の代わりと言わんばかりに、あちこちにパネルを連れ回し始めた一家。

一緒にサンドイッチ屋さんに行ったり。

お祭りにも。

スーパーへの買い出しも、ダルトンと一緒。

白衣のドクターともパチリ。

ベースボールチームの円陣にも。

バスケットボールの観戦も一緒に。

ここまでくると、家族の本気っぷりに完敗です。

悪ノリは
どんどん、エスカレート

無抵抗なのをいいことに、ダルトンはいじられ放題。

「婚約しました♡」

「エイプリルフールだよ!」

勉強をしている2人の間に置かれたって、この笑顔。

ちょっとした冗談のつもりで贈った等身大パネルがこんなことに使われるなんて!家族のほうが一枚も二枚も上手だった、という素敵なお話でした。

Licensed material used with permission by Dalton Ross
なぜ?何のために?は、ここで問うてはいけません。ただ、感じるのみ(笑)
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
今、フィリピンへの英話留学が、にわかに注目を集めている。ここでは、実際に家族(!)で留学した安達さん一家を取材。その人気の秘密を探っていこう。■フィリピン...
あなたの理想のタイプは、どんな女性ですか?芯の強い女性、かわいらしい女性、やさしい女性…きっと好みはさまざまでしょう。でも今回は女性の特徴ではなく「家族構...
2020年、東京・渋谷。ものすごい速さで変わっていく街に生きる、すべての人へ。
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...
トランプ政権を揶揄したアメリカンなジョークグッズと思いきや、その逆。トランプ支持者が作ったものだそうです。
いそがしい毎日でも、おいしくて体にいいものを食べたい。そんな想いから、世界で初めて「主食」にフォーカスした完全栄養食を開発した「BASE FOOD」。代表...
「男性が選ぶべきは大家族出身の女性だ」そんな独特の視点でまとめられた記事が「Elite Daily」で話題です。書いたのは女性ライターGigi Engle...
「ただ教科書に書いてあることを暗記するよりも、肌身を持って経験するほうが心に残る」。とくにそんなことを感じるのが、海外留学ではないでしょうか。歴史の教科書...
現在、「ドバイ政府」と「ドバイ電気水道局」が協力し、雨水の溜まる湖の水面に浮かぶソーラーパネルを設置している。
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
3月、アメリカではいま“季節外れのクリスマスイルミネーション”をおこなう家が増えているという。その理由とは?
先日の「Supreme」の2000年S/Sコレクションで話題になった「Supreme Oreo Cookie」がついに本国アメリカで発売。もちろんすぐに完...
移動式ヴィンテージショップ「Blanche Market」のオーナー・Yuriちゃんとディレクター・Michelちゃん。ファンに愛される日常を知る「13の...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
ことの発端は「イギリス田園生活博物館」の公式Twitterアカウントの「大英博物館さん、最高のカモを贈って!」というツイート。すると、次々と多くの美術館が...
歯に衣着せぬ物言い、誰にも媚びない、等身大のラッパー。こう表現すれば、間違いなくVince Staplesはその第一候補。決して自分を大きく見せない彼が“...
首を傾げる仕草で、キュンとさせてくれるワンコ。スタッフォードシャー・ブル・テリアのIvorは、生まれてからわずか10ヶ月の間に捨てられ、5つもの家族にたら...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。