「あなたもこうして生まれてきた」。出産前後の女性に密着した写真

実際に、自分で子どもを身ごもらない限り、何度話を聞こうと腑に落ちないのが出産ストーリー。年齢的に出産を経験する友人が周りに増えたので、周囲からたくさん話を聞くのだけれど、なんとなく腑に落ちないのです……。母親から聞いた時も同じでした。

けれど、ある女性の分別室に入る前から出産に至るまでの様子を撮影した、Alyson Lofgrenさんの写真を見たら、彼女たちが伝えようとしていた不安や痛みや喜びが写真から伝わってきた気がしました。

©Alyson Lofgren
©Alyson Lofgren
©Alyson Lofgren
©Alyson Lofgren
©Alyson Lofgren
©Alyson Lofgren
©Alyson Lofgren
©Alyson Lofgren

Lofgrenさんの写真を見て、これまで耳にした出産話がどれも腑に落ちきらなかったのは、そもそも簡単に言葉にできるものではなかったからだと感じるようになりました。

不安で押し潰されそうになりながら分別室に入る時に見せた笑顔、生まれた赤子を初めて目にした時の安堵の表情。これらは、今まで聞いたどの言葉よりもリアルさを伝えてくれました。

自分もこうしてこの世に生を受けたのだと思うと、今ここにいる事実に感謝し、産んでくれたお母さんに「ありがとう」と心から伝えたくなったのです。

Top image: © Alyson Lofgren
61歳の女性Cecile Eledgeさん。彼女には同性のパートナーを持つ息子がいて、息子夫婦は子どもを望んでいました。これを聞いたCecileさんは、養...
夫にすがりついて陣痛に耐える女性の背中、メスで切開される膣、膣から頭をのぞかせる嬰児。出産の壮絶さをストレートに表現した一冊です。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
つい先日、動物園で産まれた人間の赤ちゃんについて紹介しました。お母さんが園内で破水し、そのまま出産したというお話。世界中のメディアが注目しSNSでも話題を...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...