大っきすぎる「赤ちゃん」との21年ぶりのバースデイフォト。

数奇な運命をめぐって、再びひとつになった家族を紹介します。その愉快でしあわせそうな写真は、なぜかちょっと笑ってしまうようなもの。

Rebecca HayesさんとDavid Wardさんは、息子Claytonさんが生まれたとき、恒例の「赤ちゃんと家族の記念写真」を撮影をしなかったそうです。

いま、Claytonさんは21歳。それが赤ちゃん役って!?

20年越しに、再び愛を育む親子

Rebeccaさんは高校生の頃に、Davidさんとの子供であるClaytonさんを妊娠しました。しかしその後Davidさんとは別れ、お互い別の相手と結婚して子供を持ち、それぞれの人生を歩んでいました。離れてはいても、Claytonさんのために友人関係を保ち続けていたふたり。

その関係性に変化が生まれたのは、2013年にRebeccaさんの夫が亡くなり、2015年にDavidさんの妻が癌で亡くなったことがきっかけでした。 

お互いに最愛の人を亡くした悲しみを共有し、支え合うようになったRebeccaさんとDavidさん。やがて、ふたりの関係は友人同士から以前のようなロマンチックなものへと変わっていったのです。

そこでRebeccaさんは、大切な息子であるClaytonさんが生まれたときに家族写真を撮らなかったことを思い返します。

21年かかってしまってけど、生まれたときの喜びを写真に残すのはどうだろう?

こう提案したRebeccaさん。

最初は半分冗談のつもりで。「嫌だよ今さら、気持ち悪い」なんて一蹴される覚悟もあったそうです。ところが、父と息子の反応はそうじゃなかった。非常に乗り気で、すぐに撮影の日取りが決まったそうですよ。

しかも、「絶対思い出に残そう!」とClaytonさんの方がノリノリ。

せっかくのベビー写真を撮るということで、3人はフォトグラファーのDuffi Crowsonさんと念入りな打ち合わせをします。はじめは大きなテディベアやバスケットを使って演出するという案も出ていましたが、最終的には一番シンプルな、3人にスポットを当てたものに決定。

撮影を終えてRebeccaさん。

どうなるかわからないのが人生、ここ数年でそれを実感しました。行き先を知らずに、それでも私はここまで自分の選択をしてきて良かったと思います。今一番大切なものが手の中にあるんだから。

愉快で幸せそうな家族写真。これからまだまだ人生を歩んでいく3人にとって、この写真はきっといつまでも大切な記憶として残り続けていくことでしょう。

Licensed material used with permission by Duffi Crowson,
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
結婚写真の撮影中、なぜか晴れ着のまま川に向かって猛然と駆け出した新郎。そのまま川に飛び込みました。喜びのあまり...ではもちろんありません。理由を聞いて納...
世界中からホットな動画が集まる「Viral Hog」で話題となっているのは、ミズーリ州で撮影されたアライグマの親子たち。アメリカでは、林の中だけでなくとき...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
寄り添いあっていても、手を重ねていても。
「天使のようなかわいさ」とか言いますけど、まさにその通り!でも子どもの成長は早く、どんどん新しい表情に移り変わっていきます。スクスクと大きくなっていく姿も...
結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん夫妻。半世紀以上を共に歩んだふたりが記念日に撮った写真からは、幸せが溢れ出ています。
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
フォトグラファーのAnna Pawletaが撮影するのは、出産直前から小さな命が誕生する感動の瞬間。今の自分が、幸せに暮らしていられるのは、お母さんが分娩...
米・オハイオ州に住むオリヴィア・ケスラーさんは、出産を間近に控えてきました。ただ、このお話の主人公はオリヴィアさんの弟であり、赤ちゃんにとっては叔父にあた...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたウェブサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
ニュージーランドの農村部に暮らしているフォトグラファーのNiki Boon氏は、テレビなどの近代的な電子機器を使わずに家族みんなで生活中。写真に写っている...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
連続で撮影した写真を繋げ、動画を創りだすタイムラプス。これを、マタニティダイアリーのように思い出づくりに生かそうじゃないか!と、ラトビアで暮らすアルプス一...
ひとりが生まれても愛おしい赤ちゃんですが、それが同時に2人で、しかも2組いたら可愛さも愛情も4倍に感じられるのではないでしょうか?何枚にも渡る写真はすべて...