30年後に同じ場所で写真撮影してみると…

時を経て、同じ場所を訪れてみる。

長い間生きていれば、一度はそんなことをやってみた経験はあるはず。自分だけのお気に入りの場所がこの世界にあるということは、人生の大きな楽しみだったりする。

それは、カリフォルニア在住のLisa Wernerも然り。彼女は、30年前に訪れたフランスとドイツを再訪し、写真を撮影したようだ。

#1
フランス・ストラスブール

「ミニスカートを履いていたから、
   足を組むことができなかったわ」

「木が大きく成長しているのが、分かるわよね」

「橋には、綺麗なお花が加わったのね」

「道路工事があったみたいだけど
    全く同じ場所に立ってみたわ」

#2
ドイツ・ハイデルベルグ

「橋の上で、30年前のシーンを再現するために
ドイツの学生に協力をお願いしたのよ」

「このくねり道は、『蛇の道』と呼ばれていて
『哲学者の道』へとつながるのよ」

#3
ドイツ・マインツ

「この彫刻おかげで、すぐに思い出せたわ」

「エルトヴィレの近くにある
ワイナリーを見学できてよかったわ」

#4
ドイツ・ケルン

「私、姿勢がよくなったと思わない?」

驚くべきは、30年経ってもどの場所の景色もほとんど変わっていないこと。フランスやドイツは建物の外観を残したまま、内部に手を入れるリノベーションが盛んに行われるからだろう。次々壊されては立て直される建物が多く、10年もすれば、街の表情や印象が変わってしまう日本と比べれば、その差は歴然としている。

Lisaの写真を眺めていると、古い建物を大事にするヨーロッパの懐の深さを感じてしまう。今後は、東京オリンピックに向けてますます多くの外国人が訪れるだろう。「開発」を否定するつもりはまったくないが、その旅行者たちが数十年後に再び日本へ帰ってきた際に、懐かしいと思えるような街づくりもまた求められている気がする。

Licensed material used with permission by Lisa Werner
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?
おもしろいインスタのアカウントを見つけました。
35年間彼らは5年おきに、1982年と同じ日に休みを取り、同じ場所、位置、表情、同じ種類の小道具を持って、写真を撮り続けたのだった。多数のメディアに取り上...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
旅行に何を持って行く?この写真を撮ったKim Leuenbergerの答えは、ミニカー。彼女はある日、両親からフォルクスワーゲン・ミニバンのレプリカをプレ...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
「あっ崖から落ちる!」と見る人が思わず口に出してしまいそうなスリリングな写真。実は、地面がとても近く、カメラの角度次第でどうにでもなるみたい。Instag...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。
Andre Goncalvesさんが窓の魅力に気がついたのは、今から8年前、2009年のこと。それ以来、ポルトガルを拠点に3,000以上の窓ばかりを撮影し...
撮影したArkadiusz Podniesinskiさんは、自身のwebサイトでこう語っています。「7年前にチェルノブイリを訪れた時には、同じような災害が...
10年後、培養肉のイメージが一変しているかもしれません。
ある日、62歳になる父が、昔アメリカの西海岸へ1年間旅をしたときの写真を見せてくれた。押入れの奥から取り出された写真アルバムのなかには、今まで知らなかった...
小さな頃は、ずっと一緒にいたのに。
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!