遊牧民のリアル。16ヶ月の密着が生み出した息を飲む写真(17枚)

フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップを続けながら、文字通り「ノマド」な作品づくりを敢行したという。

その息を飲むような美しい情景や建造物、遊牧民たちのリアルな暮らし。古きペルシャの歴史に想いを馳せながら堪能してみてほしい。

大地と生きる民の
リアルを捉えた
写真叙事詩

上の写真は、マイナス25度の中で狩猟をおこなっている風景を写したキルギスでの1枚。翼を広げると、約2mにもなる大きなイーグルとともに。

バクティアリ遊牧民が住む街「サルアグハーセイエド」は、急斜面に家がひしめく独特の景観。ここに道路はなく、移動手段は屋根の上だそう。今では2,000人以上が定住している。

イスファハーンにある「シャー・モスク」の美しい外観。

イランの女性よりも、カラフルな衣装に身を包む遊牧民の女性。

アストラハンの毛皮で作られた、伝統的な帽子をかぶるトルクメンの男性。

一風変わった、ムハンマド・イブン廟の奉納。彼らは布の切れはしで神への祈りや感謝を捧げるとか。

伝統衣装に身を包む、キルギスの女性たち。

結婚式などのお祝いで、楽器を演奏するバクティアリの人々。

ワハーン回廊の村の習わしでは、白い布で覆う女性は既婚。赤は未婚を表している。

暴れないように、レザーカバーで目隠しをされるイーグル。

フォトグラファーのKares Le Royは、これらの作品を写真集にもまとめている。さらなる中央アジアの魅力に迫りたい人は、一度チェックしてみては?

Licensed material used with permission by Kares Le Roy, (Facebook), (Instagram)
他の記事を見る
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
遊牧民族のように引っ越しをどんどんするタイプの"ジャパニーズ遊牧民"の方、要チェックです。
チョコレート欲が高まる2月。寒さが厳しくなる日には「重い」と感じるほどの濃厚なホットチョコレートがいい。そう思って探し出した『Bonnel Cafe』では...
開催日は2月19日〜21日。作品を展示するのはナイジェリア系アメリカ人アーティストであるAmarachi Nwosuさん。
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
上海、シンガポール、マカオ…。今日もアジアのどこかでシャッターを切っているのは、フォトグラファーのHarimo Lee。独自のアングルで切りとられた写真は...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
ホットチョコレートを飲めるカフェ『VERVE COFFEE ROASTERS』を訪ねてみた。見た目の可愛さに反したスパイシーな香りが、少し背伸びした気分に...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
重厚感や軽快感がうまくミックスされたこの建物。実はこれ、ベトナムのハナム省にあるコミュニティセンターです。この地域の工事現場から出された、行き場のない廃棄...
多くの遊牧民が建国にたずさわったキルギス。現在では定住者も増え、首都ビシュケクの近代化が進んでいます。いっぽう、遊牧生活時代の文化が色濃く残っているのが料...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
フォトグラファーのNoroc Mihaelaさんは、世界中の女性のポートレート写真を撮り続けている。黒やこげ茶色をした艶のある髪の毛やまっすぐな瞳をアイデ...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...