まるでテーマパーク。「子どものため」の検査室。

私が初めてCTスキャンを受けたのは小学生の頃だったけれど、まるで宇宙人に体を精査されているようで、奇妙な、そしてある種不気味な感じがしたのを覚えている。

「放射線」のマークが貼られた仰々しい分厚い鉄の扉の前で母と別れ、無機質な真っ白の部屋で台の上に寝かせられた。そして誰もいなくなってからは、スピーカーから流れる指示に従い、機械音のする白い筒の中に吸い込まれてじっとしているのだ。なんとなく、自分が異質のものみたいな感じがして怖かった

Photo by Courtesy of GE Healthcare

でも世の中では毎日、もっと幼い子どもたちが、CTスキャンや、被ばくはしないけれどそれよりもはるかに時間が長く、騒音もするMRI検査を受けている。彼らの多くにとって検査の時間は、やはり怖くて辛いもの。それを少しでも軽減できないかと考えたのが「GE Healthcare」だった。

冒険にいく気分なら
怖くない

Photo by Courtesy of GE Healthcare

あの色のない空間はどこへやら。まるでテーマパークのアトラクションのようなこの装飾。こうして部屋の雰囲気をガラリと変えることで、子ども達にスキャンされることを「試練」ではなく「冒険」のように感じてもらい、検査を少しでも楽しんでもらうことが目的なのだ。

器具や部屋の飾り付けだけでなく、気分を落ち着かせるアロマテラピーなども試し、またある部屋では子ども達が乗る検査台をカヌーに見立て、「カヌーを揺らさないように、じっとしていなきゃいけないよ」などといった具合に子ども達を落ち着かせる。

他にも台を星空の下で眠る寝袋に見立てた部屋も。

Photo by Courtesy of GE Healthcare

帽子まで被って、気分は船長。

Photo by Courtesy of GE Healthcare

そのまま冒険の旅へ!

いってしまえばまさに子ども騙しで、簡単な工夫。でも、するとしないとじゃ大違い。

こうすることによって子どもの苦痛を和らげるだけではなく、彼らが暴れてスキャンがやり直しになり、より検査時間が長引くという事態も防げるとのこと。早く終われば次の患者もスキャンすることができるし、病院にとっても子どもにとってもいいことずくめなのだそう。

Photo by Courtesy of GE Healthcare

実際、導入した病院では、検査を受けた親子からも「怖いと思う気持ちが軽減された」という声が上がっているそうだ。

日本でも歯医者さんとかでぬいぐるみを見せるなどして子どもをなだめることがあるけど、そんなのじゃ効かない子でも、ここまで作り込まれたセットなら恐怖に打ち勝つことができるかもしれない。

たとえ多くの時間を病院で過ごすことになろうとも、恐怖や苦痛より、少しでも多くの「楽しみ」を感じてもらいたい。そんな思いのこの取り組みは、今多くの注目を集めている。

Photo by Courtesy of GE Healthcare
Licensed material used with permission by GE Healthcare
病気や障害のある子どもや家族が、治療に前向きになれるグッズなどを取り扱う日本初のECショッピングモール「チャーミングケアモール」がプレオープン。本格的なス...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
「日本ケロッグ」が従業員による新しい“運動×食糧支援”のボランティアプログラムを実施中。自宅でのエクササイズ1分=シリアル1食分として期間合計1万食の寄付...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
娘が壁に描いちゃったラクガキ。それを叱るんじゃなく、お母さんはこんなアイデアでみんなをほっこりさせてくれました。
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
42の国と地域で4万5000人を対象としておこなった調査「世界でもっとも尊敬されているランキング」で、オバマ夫妻がそれぞれ男性1位、女性1位に選ばれた。
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
大の大人なら、ある程度は共通したイメージを持てる「警察」も、子どもの場合は少し変わった姿になってしまう。そんなことを教えてくれた「CUT」の動画。アメリカ...
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
男性とばかり付き合ってカラダを重ねていてた。でも、「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
「ダイソン社」の慈善団体が、在宅中の子どもたちのために身近なものを使ってできる44の実験プロジェクトを無料公開した。
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
朝起きる、歯磨きをする、ごはんを食べる、着替える、仕事へ行く。毎日決まったスケジュールでやっていることはたくさんあります。これ、習慣化していたら考えずにす...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
左は、グチャグチャ〜っと、思いのまま手を動かしてできた子どものラクガキ。この時点では、何を描いているかなんてわかりません。でも、そんな子どもならではの創造...