まるでテーマパーク。「子どものため」の検査室。

私が初めてCTスキャンを受けたのは小学生の頃だったけれど、まるで宇宙人に体を精査されているようで、奇妙な、そしてある種不気味な感じがしたのを覚えている。

「放射線」のマークが貼られた仰々しい分厚い鉄の扉の前で母と別れ、無機質な真っ白の部屋で台の上に寝かせられた。そして誰もいなくなってからは、スピーカーから流れる指示に従い、機械音のする白い筒の中に吸い込まれてじっとしているのだ。なんとなく、自分が異質のものみたいな感じがして怖かった

Photo by Courtesy of GE Healthcare

でも世の中では毎日、もっと幼い子どもたちが、CTスキャンや、被ばくはしないけれどそれよりもはるかに時間が長く、騒音もするMRI検査を受けている。彼らの多くにとって検査の時間は、やはり怖くて辛いもの。それを少しでも軽減できないかと考えたのが「GE Healthcare」だった。

冒険にいく気分なら
怖くない

Photo by Courtesy of GE Healthcare

あの色のない空間はどこへやら。まるでテーマパークのアトラクションのようなこの装飾。こうして部屋の雰囲気をガラリと変えることで、子ども達にスキャンされることを「試練」ではなく「冒険」のように感じてもらい、検査を少しでも楽しんでもらうことが目的なのだ。

器具や部屋の飾り付けだけでなく、気分を落ち着かせるアロマテラピーなども試し、またある部屋では子ども達が乗る検査台をカヌーに見立て、「カヌーを揺らさないように、じっとしていなきゃいけないよ」などといった具合に子ども達を落ち着かせる。

他にも台を星空の下で眠る寝袋に見立てた部屋も。

Photo by Courtesy of GE Healthcare

帽子まで被って、気分は船長。

Photo by Courtesy of GE Healthcare

そのまま冒険の旅へ!

いってしまえばまさに子ども騙しで、簡単な工夫。でも、するとしないとじゃ大違い。

こうすることによって子どもの苦痛を和らげるだけではなく、彼らが暴れてスキャンがやり直しになり、より検査時間が長引くという事態も防げるとのこと。早く終われば次の患者もスキャンすることができるし、病院にとっても子どもにとってもいいことずくめなのだそう。

Photo by Courtesy of GE Healthcare

実際、導入した病院では、検査を受けた親子からも「怖いと思う気持ちが軽減された」という声が上がっているそうだ。

日本でも歯医者さんとかでぬいぐるみを見せるなどして子どもをなだめることがあるけど、そんなのじゃ効かない子でも、ここまで作り込まれたセットなら恐怖に打ち勝つことができるかもしれない。

たとえ多くの時間を病院で過ごすことになろうとも、恐怖や苦痛より、少しでも多くの「楽しみ」を感じてもらいたい。そんな思いのこの取り組みは、今多くの注目を集めている。

Photo by Courtesy of GE Healthcare
Licensed material used with permission by GE Healthcare
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
大の大人なら、ある程度は共通したイメージを持てる「警察」も、子どもの場合は少し変わった姿になってしまう。そんなことを教えてくれた「CUT」の動画。アメリカ...
娘が壁に描いちゃったラクガキ。それを叱るんじゃなく、お母さんはこんなアイデアでみんなをほっこりさせてくれました。
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
朝起きる、歯磨きをする、ごはんを食べる、着替える、仕事へ行く。毎日決まったスケジュールでやっていることはたくさんあります。これ、習慣化していたら考えずにす...
左は、グチャグチャ〜っと、思いのまま手を動かしてできた子どものラクガキ。この時点では、何を描いているかなんてわかりません。でも、そんな子どもならではの創造...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
子どもたちは元受刑者に、僕たちが質問するのをためらってしまいそうなことを聞いています。例えば、何で逮捕されたの?刑務所の生活はどう?友達はいた?といった具合に。
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
アーティストのフェデリコ・バビーナさんが公開した「Archiatric」という新しいプロジェクト。これは、心配性やうつ症状などの心の病気を、それぞれ異なっ...
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
2015年に女の子を出産したイラストレーターLucy Scottさんの言葉。母となり初めて感じた大変さをイラストに残していきました。どれも新米ママの苦悩が...
「未来って数日前のことでしょ?」と勘違いしてしまうほど小さい子どもたち。「今この瞬間から先はすべて未来だよ。明日も100年後も」と丁寧に教えるイラストレー...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
去年の感謝祭で帰省した大学生の女の子、その時、入院中の友人のお見舞いで子ども病院を訪れることに。そこで、祝日にもかかわらず家族と過ごせない子どもたちの存在...
いつでも好きなアニメや番組をたっぷり楽しめる時代。“テレビっ子”が増えていっても仕方ないし、そうなるのも当たり前なような気がしてしまう。でも、Donna ...
アプリ経由で結果が送信され、男性が先に妊娠の報告を聞くことができる最新式の妊娠検査薬がイタリアで試作された。正確性や手軽さはそのまま男女逆転で斬新な妊娠報...
生まれながらの性は女。でもサムは、幼少期から男の子が興味を持つことに自分も興味を持っていた。けれど社会の女の子への見方を押し付けられて、なかなか本当の自分...