「痛みを乗り越えた子ども」だけがなれる、スーパーヒーロー。

突然ですが、あなたにとってスーパーヒーロー的存在はいますか?子どもの頃は、映画に出てくるキャラクターだったり、◯◯レンジャーだったり、はたまた自分の父親だったかもしれません。でも、大人になった今はどうでしょう?

この問いを自問した時、私自身つい首を傾げてしまいました。が、そんな時「スーパーヒーローという存在は、必ずしも目上の人である必要はないんだ」と、感じさせられたある写真があります。

それがこちら──、

本当の「スーパーヒーロー」は、
子どもたち!

写真にうつる子どもたちは、ただコスプレを楽しんでいるわけではありません。

皆、心臓病やガンなどの病気と戦っている、彼らの両親にとっては勇気と強さを兼ねそなえた正真正銘のスーパーヒーローなのです。

企画したのは、フォトグラファーのJosh Rossiさん。6人の子どもたちを、スーパーマン、バットマン、サイボーグなどに変身させて撮影しました。ちなみに、細部まで丁寧につくり込まれた衣装は、コスチュームデザイナーが3週間かけてデザインしたんだとか。

 始まりは、娘の「変身」。

実はJoshさん、今回のプロジェクトの前にも、自分の娘をワンダーウーマンに変身させて撮影したことがあります。

「気弱な娘を元気づけるためのものだった」ということですが、写真は当時拡散され、多くの人が見ることに。

それがキッカケで「病気を患う子どもたちの親から、自分の娘や息子のために似たようなことをしてくれないかと頼まれたのです」と「People」に語っています。

子どもたちはきっと、私たちが容易に想像できないほど過酷な毎日を送っていることでしょう。けれど、彼らの真っ直ぐで強い眼差し、それこそが本当の強さだと思うのです。


 
【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
Reference: People
Licensed material used with permission by Josh Rossi
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
「どこでも走り回れるし、いつでも新しい冒険ができて大好きだった」小さい頃からの牧場生活をそう振り返るのは、学校へは行かずにホームスクーリングで育ってきたと...
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
8歳の少女が世界を見つめる姿を撮り続けるのはフォトグラファーである父。しかし写真は娘のためではなく、自分のためだそう。彼の不安や憂鬱は、清廉で特別にも見え...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
毎日がまるでサーカスの一幕みたいな、赤ちゃんや小さい子どものいる家庭。パパもママもてんやわんやの大忙しのことでしょう。ここに紹介する写真もそんな場面の数々...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
裕福なイギリスの家族が、自分たちの専用フォトグラファーを募集中。仕事内容は、旅行に付き添いひたすら彼らの「思い出写真」を撮るというもの!旅費はすべて負担さ...
深刻な腰の痛みは一部の脊推骨が歪んでいるか、神経が傷ついている可能性もあるといいます。気になる痛みがあれば、放っておかずに原因を突き止めておきたいところ。...
あの頃の「憧れ」は、今も変わらないまま。
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
いつでも好きなアニメや番組をたっぷり楽しめる時代。“テレビっ子”が増えていっても仕方ないし、そうなるのも当たり前なような気がしてしまう。でも、Donna ...
ニュージーランドの農村部に暮らしているフォトグラファーのNiki Boon氏は、テレビなどの近代的な電子機器を使わずに家族みんなで生活中。写真に写っている...
入院中の子どもたちにも、クリスマスを。オーストラリアの写真家、Karen Alsopさんは、ついにその思いをかたちにしました。「病室から出ることのできない...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...