HIP HOPレジェンドたちが惚れた「10歳のイラストレーター」

Yung Lenoxが絵を描き始めたのは5歳から。6歳にしてニューヨークで最初の展示を成功させ、8歳までに1000枚以上のプリントを売った。彼を追ったドキュメンタリー映画『Live Fast Draw Yung』まで公開されている。彼は今10歳である。7月に東京・福岡へもやってきた。

ブラックカルチャーのアイコンや、名だたるHIP HOPレジェンドのレコードジャケットをイラストにしては、描かれた本人たちの心を次々に掴む。一体何者?まずは作品を幾つか。

20代・30代のHIP HOPファンに刺さるモチーフを忠実に。ヘタウマで無邪気な少年性が、対照的とも言えるオリジナルの雰囲気とむしろマッチ。

イラストレーターの父親に基礎を教わったという彼。とはいえ、ほとんど自己流だそうだ。多忙を極めるビッグな大人たちが、こぞって彼にアドバイスを送りたくなってしまうのも、そんな“余白”に魅力があってのことかも。

ロサンゼルス展は
レイクウォンと一緒に

Complex」によれば、初の展示となったニューヨーク展には、本人が参加できなかった。理由は“寝る時間だったから”。当時6歳なのだから仕方がないといえば仕方がない。

2度目の展示はロサンゼルスで。ウータン・クランのレイクウォンとともに行動し、どんなマーカーを使ったら良いのかなどアドバイスをもらっていたという。アクション・ブロンソンのショーへ連れて行かれたときには、口をあんぐりと開けて驚いていたみたい。

ってな具合で、キャムロンやクール・キースなど、すでに多くの著名ラッパーを「Uncle(おじさん)」と呼んでは、その張本人たちに可愛がられている。

E-40 ※「フォーティーウォーターおじさん」と呼んでいるらしい。
Kool Keith

CULTCLUB」では、プリントT、パーカなども展開中。作品だって射程圏内の価格だ。Dr. Dreやビースティー・ボーイズに、ノトーリアス・B.I.G.、そのほかマイク・タイソン、マイケル・ジャクソン、マイケル・ジョーダン、バッド・ブレインズも。

10年後には買えない価格になってるかも。

Reference:Complex, CULTCLUB
Licensed material used with permission by Yung Lenox
他の記事を見る
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
ニューヨークで活動するアーティスト、山口歴の作品が「WALLS TOKYO」に展示中だ。会期は10月8日まで。絵具の筆跡を貼り合わせる表現手法「カットアン...
ニューヨーク市議会によって、ヒップホップの聖地でもあるブロンクス地区に建設される複合施設に『Universal Hip Hop Museum』と名付けられ...
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
ヴィンテージ感のある洒落たバスタブの中で、泡まみれになりながらピザを食べるオジサンの幸せそうな顔!私もあんなふうにバブルバスでピザを味わいたい。
蛍光グリーンのブルゾンに、作業用の保護メガネ、胸元にはゴールドのブリンブリン。どこからどう見てもラッパー風情のこの男(Ian Solomon-Kawall...
ニュージーランドの東側、オークランドからフェリーで35分ほど行った先に、自然豊かなワイヘキ島があります。ビーチとブドウ園に囲まれたのどかな場所。そこで暮ら...
日本でもすっかり定着したクラフトビール。ブルワリーレストランがオープンしたら足を運んだりするだけでなく、酒屋やコンビニで珍しい銘柄が顔を見せると思わず手に...
舞台は“どん底”と言われるロサンゼルス郊外の街イングルウッド。ヒップホップの全盛期とされる「90年代」が好きすぎる現代のオタク少年マルコムは、ある時イケて...
雨季以外はほぼ夏というダナンで、住人がエアコンの使用に依存することなく快適に暮らせるよう考案された、アイロンビーズのような家があります。
ピンク色の豆の形をしたキャラクター“Ketnipz”。神出鬼没なこいつの持ち味は、ぷっと吹き出してしまうシュールな小ネタ。イラストを描いてるのは、イギリス...
こちらのイラストは、フィラデルフィア郊外在住のイラストレーターBen Pannellが手がけたもの。それぞれのテーマはバラバラだが、共通しているのは、妻で...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
スニーカーを株のように取引できるウェブサイト「StockX」にも注目されるほどの存在で、欧米ではちょっとした有名人です。
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
やっぱり年齢を感じさせないファッションスタイルが特徴的ですね。
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
5月11日、12日に開催される「EDC Japan 2019」について主催の「インソムニアック」CEO・パスカーレ氏が語る!
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
アーティストvexx_artことVince Okermanは、大学で経済を学ぶごく普通の18歳。高校時代、勉強の合間に描いた何気ない“ラクガキ”が、友人た...
左は、グチャグチャ〜っと、思いのまま手を動かしてできた子どものラクガキ。この時点では、何を描いているかなんてわかりません。でも、そんな子どもならではの創造...
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...