ひたすら自分がカッコイイと思う表現を追求する。山口歴作品 at WALLS TOKYO(〜10月8日)

ニューヨークで活動するアーティスト、山口歴の作品が「WALLS TOKYO」に展示中だ。会期は10月8日まで。絵具の筆跡を貼り合わせる表現手法「カットアンドペースト」で知られている。HIP HOPのテクニック「サンプリング」から着想を得ており、キャンバスに限らず、彫刻、ビルの壁面等、様々なスタイルで制作している。

ペイントから生まれる立体表現の豊かな表情と力強さは、間近で見ると画像の何倍もの迫力がある。

2015年には、香港SOGOの30周年記念アーティストに選出され、30メートル大のビルボードを飾った。そのほかにも世界中で作品を発表し注目されている。どれも誰が描いたのか一発でわかる強烈な個性の塊だ。

ブロンクスにあるアーティストレジデンス「Andrew Freeman Home」に所属し活動しているという彼、出身は東京である。84年生まれで、小さな頃からストリートカルチャーを間近に感じていた。

東京からブロンクスへ

芸大受験に失敗してからの2年間、彼は父親が経営していたオゾンロックスというブランドのデザインスタジオで雑用をしては、昼夜関係なくデザインの仕事に携わった。破天荒な父親の仕事仲間に朝から次の日の朝まで必死に食らいついていったそうだ。

21歳でどう生きていくかを考え、アーティストとして食っていくと決意。改めて振り返ると何物にも代え難い時間だったと心から感じるが、当時は未来が見えずただただ辛かったという。

NYに移ると、現代アーティストのMatsuに師事。スタジオの仕事と並行して、自分の絵を家で描いて提出した。村上隆の芸術に関する本を片っ端から読んで文章にするなど、5年間みっちりとスパルタ教育を受けた。結果、美大には行っていないが、ブルックリン・グリーンポイントにあるスタジオで芸術を学べた。

気合・根性・熱意!みたいなワードがつい思い浮かぶエピソードだ。「HEAPS」のインタビューではこうコメント。

「『カッコイイ作品をつくり続けていれば、いつか必ずスポットライトが当たる順番はまわってくる。そのときのために、常に準備しておけ』。ずっと先輩たちから、そう言われてきた。いま、ひょっとしたらその順番がきているのかもしれない」

ここで、展示中の作品を一点紹介。画像は拡大して見ることをオススメする。

『“OUT OF BOUNDS No.24”』 Acrylic, spray paint, epoxy resin on plywood. 2016 38 x 25 inc

「ひたすら自分がカッコイイと思う表現を追求することを心掛けている」

この言葉には、歴史にリスペクトを払いながら自分の経験を基にした新しいエッセンスを取り入れ、常に既存のスタイルや方法に疑いを持ち、誰もやったことの無い新しいことに挑戦する、そんな意志が込められている。

WALLS TOKYO」は現代アートのセレクトショップで、山口歴のほか、世界中から集まった作品が閲覧・購入できる場所。この機会にぜひ。

【開催概要】

■展示
「UNDERGROUND MENTALITY」
山口歴(Meguru Yamaguchi)
■会期
2016年9月8日-10月8日
■営業時間
水~金曜日 12:00-19:00
土・祝日 10:00-18:00
■定休日
日〜火曜
■住所
〒112-0001
東京都文京区白山2-14-18 (Google Map
Reference:HEAPS
Licensed material used with permission by Meguru Yamaguchi(Web, Instagarm), WALLS TOKYO
他の記事を見る
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
山口県のなかでも、主に瀬戸内海に面した宇部市や山口市阿知須(あじす)地域で古くから作られてきた漬物が「寒漬(かんづけ)」。昔は各家庭で作られていて、寒風に...
Yung Lenoxが絵を描き始めたのは5歳から。6歳にしてニューヨークで最初の展示を成功させ、8歳までに1000枚以上のプリントを売った。彼を追ったドキ...
「Wizarding World Holiday at Changi's」は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内で開催されています。
手掴みでロブスターを丸ごと1匹味わえる原宿で話題のシーフードダイニングCatch the Cajun Seafood〒150-0001 東京都渋谷区神宮前...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...
ニューヨーク市議会によって、ヒップホップの聖地でもあるブロンクス地区に建設される複合施設に『Universal Hip Hop Museum』と名付けられ...
シチリア島にある数十件の家が売りに出されています。しかも、たったの約1ユーロ。ただ、自ら家を改装する必要があるなど条件はあるようで。特にヨーロッパ圏内の外...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
11月25日(土)・26日(日)に金沢で行われる『KOGEI Art Fair Kanazawa 2017』。これはよくある「工芸展」ではなく、「工芸アー...
2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
今回は、僕の故郷であるイギリスにおける比較的新しい風習を紹介したいと思います。例えば11月(November)には、口ヒゲを生やして募金活動を行い、男性の...
新宿の人通りは相変わらず多い。電車を降りたら、ミライナタワー改札を出て、NEWoMan(ニュウマン)の5階へ向かおう。目的地は、LUMINE 0(ルミネゼロ)。
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
猫と坂道で有名な広島県・尾道エリアで、この地域を回廊のように巡る新たなアートフェス「海と山のアート回廊」が開かれる。それに先駆けて2017年9月16日から...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...