肉割れ線

肉割れ線、大きなお腹、重たい下半身など、女性たちには多くの悩みがあります。そこで、男性でありながら女性たちのコンプレックスを描いて共有する、「PROJEC...
「代替肉」を取り巻くシーンやビジネスが盛り上がりをみせるなか、動物の細胞から人工培養で食肉を作るアメリカの企業「Mission Barns」が一般人を対象...
急激な体型の変化により皮膚が伸ばされることで、肌の表面にできてしまう「ストレッチマーク」。個人差はありますが、お腹や太もも、おしりなどに、ひび割れのような...
毎月29日の「肉の日」に、肉を知り尽くした“肉のプロたち”が厳選したお肉が定期で届くサービス「お肉のサブスク(定期便)」が今月1日からスタート。
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
2019年4月にスイスの食品会社ネスレが、植物性の人工肉を販売すると発表しました。
どんなに忙しくたって、人と会うときはいつもキリッとしたベストな自分でいたいもの。でも、お肌は仕事やプライベートでのストレスに敏感です。ふと鏡の前の自分がな...
8月7日、ドイツの社会民主党と緑の党の議員たちが、肉製品の軽減税率(7%)を廃止し、付加価値税率(19%)を適用することを提案した。
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
沖縄・那覇市の平和通りにある民謡ライブの店「まさかやぁ〜」のマスター、ケン坊さん。本名は安里賢次。波乱万丈な人生経験から語られる説法と、家族で演奏されるラ...
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
濃厚でクリーミーな味わいが人気の「ギリシャヨーグルト」。高タンパクで低カロリー、さらにカルシウムも豊富に含まれているとあって、健康やダイエットを意識する人...
新宿駅の「小田急ロマンスカー」が発着する2・3番線ホームに、既存のベンチに替わり、USBポート付きの「チャージングベンチ」が新設された。
2015年10月25日、エジプト考古庁が新しいプロジェクト「ScanPyramids」を始動すると発表した。世界各国の最新技術を活用して、ピラミッドを傷つ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
9月中旬、ニューヨーク市議会は、市内の公立学校の昼食での「加工肉」の提供禁止を採択。教育省からの「加工肉メニューをなくす」という提案に賛同を示した。
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
かつては理想の腹筋といえば「シックスパック」のイメージでしたが、ここ最近は縦に割れた「アブクラックス」が、美しい腹筋の新基準として注目されています。「アブ...
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...