お肉だけど、お肉じゃない。豚の細胞から作った「人工肉」の試験提供が開始

「代替肉」を取り巻くシーンやビジネスが盛り上がりをみせるなか、動物の細胞から人工培養で食肉を作るアメリカの企業「Mission Barns」が一般人を対象に人工肉の試験提供を実施した。

同社の人工肉の作り方は、豚の細胞を分離した後、まず動物の体温を再現する培養器に設置。そしてお肉の成長に必要なビタミン糖分タンパク質などの栄養素を加えることによって、細胞が自然と成長していくのだとか。

しかも、従来の動物は飼育に数ヵ月かかるのに比べて、「Mission Barns」の方法ならたったの数週間で熟成したお肉を作ることが可能。

気になるお味は、ミシュランで星を獲得した16店でシェフを務めた経験をもつThomas Bowman氏に「Taste more like pork fat than pork fat.(本物のポークファットよりポークファットの味がする)」と言わしめるほどだとか。

すでに小規模レストランに安定提供できるほどまでに成長しているという同社の技術。

今年中の正式リリース予定はないとのことだが、「オール人工肉」のレストランが出てくる将来はもうすぐそこなのかもしれない。

Top image: © iStock.com/Renphoto
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
フランクフルトで開催される世界最大の「食肉産業機械国際見本市(IFFA)」が、次開催となる2022年より、代替肉に門戸を開くことを発表。
科学でよりサステイナブルで健康的な食品を生み出す企業「Eat Just」が製造する、動物の細胞から作った鶏肉の販売が、先日、シンガポールにて承認された。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。