肉の税率を引き上げて、動物を幸せにしよう!ドイツの議員が提案

動物福祉先進国のひとつに数えられるドイツが、また一歩、前に進むかもしれない。

8月7日、同国の社会民主党と緑の党の議員たちが、肉製品の軽減税率(7%)を廃止し、付加価値税率(19%)を適用することを提案したのだ。動物福祉の観点から増税をおこない、それによる税収で家畜の飼育方法の改善を支援するとのこと。

もちろん反対意見もあり、減収の可能性がある農家を守るために税収を使うべきだという指摘もある。実現するかどうかはまだ分からないが、彼らの提案が通ったとしたら、ドイツの食文化にもちょっとした影響がありそうだ。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
花火を心待ちにしている人に向け、新しい楽しみ方を提供するプロジェクト「キズナハナビ」が始動。
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
毎月29日の「肉の日」に、肉を知り尽くした“肉のプロたち”が厳選したお肉が定期で届くサービス「お肉のサブスク(定期便)」が今月1日からスタート。
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
9月中旬、ニューヨーク市議会は、市内の公立学校の昼食での「加工肉」の提供禁止を採択。教育省からの「加工肉メニューをなくす」という提案に賛同を示した。
象徴的な「ティファニー」のショッパーが、レザーバッグになって登場した。クラフトマンシップの精神が詰まった、モダンなコレクション。日本限定アイテムも!
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
5月21日より、日本生まれのバーガーチェーン「モスバーガー」から「MOS PLANT-BASED GREEN BURGER<グリーンバーガー>」が発売とな...
おうち時間が増え、塗り絵ブームが加速するなか、北斎、歌麿、写楽などの名作浮世絵塗り絵に、「トンボ鉛筆」の大ヒット水性グラフィックマーカー「ABT(厳選7色...
「Gap(ギャップ)」「Banana Republic(バナナ・リパブリック)」からフェイスマスクが登場。環境に配慮し、肌に優しいコットン100%でできた...
2019年4月にスイスの食品会社ネスレが、植物性の人工肉を販売すると発表しました。
お肉がどんどん美味しくなる調理方法です。
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
今回はsnsで流行っている「肉ドレス海鮮丼」渋谷店。器からはみ出るお肉が豪華な見た目の海鮮丼を実際に食べてみたで!snsで人気のお店って実際はどーなんよ?...
NPO法人「True Animal Protein Price(TAPP)」が今月5日に発表したレポートによると、肉製品は環境や健康維持にかかるコストを反...